非常識なチラシで結果を掴む会員さん

会員さんから報告をいただきました。

つい嬉しくなって
パソコンを開きました。

治療院の方です。

毎月1回、電話でやり取りを
させてもらっています。

この会員さんが昨日
チラシを折り込まれました。

たまたま今日が電話相談の日で、

「まだ反応はないんですよね」

「内容が内容だけに
ボディブローのようにじわーっと
効果が出てくると思います」

会員さんとお話していました。

その3時間後…

こんなメッセージをいただきました。

「こんばんは。

たった今、昨日折り込みのチラシを
見て頂いた、第一号のお客さんの
施術を終えました。

納得の様子で次回予約もして帰られました。

‘こんなにも早く!?’の驚きでした。
(報告まで‥)」

会員さんからいただいメッセージ

実は、この会員さんが折り込まれた
チラシはちょっと特殊です。

ある意味、『非常識』な内容です

もし、あなたが見れば、

「こんなチラシ、誰が読むの?」
「これでは集客できないでしょ?」

90%近くの確率で思うはずです。

しかし私の周囲では
非常識なチラシで成果を掴まれる
会員さんが多いです。

というか、

集客に成功されている方の
10人中9人が『非常識チラシ』を
使われています。

臼井がおすすめしている
というのもあるのですが、

会員さんご自身も

「こういうチラシをやりたかったんです」

とおっしゃいます。

今日の会員さんも

「名刺代わりにも使えるので
以前からやってみたかった」

おっしゃっていました。

私がご縁をいただく会員さんには
共通点があり

「ガリガリ売り込みたくない」

「かといって売上も必要なので
さりげなくセールスしたい」

という方が多いです。

そしてこのような方には
非常識チラシが相性抜群です。

実はこちらに登場される4名の方も
非常識チラシを実践し
結果を掴まれています。

これはチラシに限った話ではありません

今の時代にマッチした
情報発信の『コツ』だと思っています。

既存のありきたりなやり方では
集客は難しくなっています。

180度考え方を覆した
会員さんが結果を掴まれています。

勇気が要るかもしれません。

常識を疑える人が
結果を掴まれるのだと思います。

まずは無料で学ぶ

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。