難しいことを考えずに、まず知ってもらえ!

商売をするうえで、
『伝える』スキルは必須です。

伝えるスキルがないと
せっかくの商品の価値を
お客さまに届けられません。

こだわりを伝えられないと
選ばれません。

どれだけこだわっても、
どれだけ思いが詰まっていても、

お客さまに伝わってなんぼ、

だと思っています。

何年も培った経験や技術、
そして思い、、、
いーっぱいあると思うんです。

それらがお客さまに届いていない。

…どころか、

価格とかボリュームとか
全く関係ないところで
お客さまに判断されてしまう。

「何だかもったいなくないですか?」

伝える術を持てば、
結果は逆転可能です。

というか、現状を変えるには
伝える以外にありません。

マーケティングの最上位概念は、

『認知(知ってもらう)』

です。

どれだけ優れた商品であっても
優れた技術であっても、
知ってもらわなきゃ、始まりません。

個人的には、

【商品】+【伝える】

この2つがセットで初めて
商売は成り立つのだと思っています。

せっかくの商品を
お客さまに届けるためにも、
伝える術を磨かなければなりません。

そしてそれはイコール

お客さまの『為』でもあるのです。

あなたの商品を購入することで
満足するお客さまは生まれます。

逆に、

他店の商品を買うことで
ガッカリするお客さまがいるかもしれません。

お客さまを喜ばせるためにも
あなたの商品を届けて欲しい

いえ、届けてあげてください。

ただし、そのためには
伝える術が必要です。

伝えるために何をすれば良いか?

まずは、お客さまに『知ってもらう』
努力をすることです。

1:お店の存在

2:どんな(結果を得られる)商品があるのか?

3:どうすれば手に入るのか?

まずは、この3つを
知ってもらいましょう。

こっちが思っている以上に
お客さまは何にも知りません。

お店がそこにある事すら
知らないお客さまは大勢います。

そして、あなたの商品を通じて
どんな悩みを解決できるのか?

どんなハッピーを与えてくれるのか?

意外と伝わってません。

まず、私たちが何よりも先に
やるべきこと。

それは、伝えることに行き着きます。

もっといえば、
『知ってもらう』こと。

まずは難しい事を考えず、

あなたのこだわり、培った経験、
どんな思いでご商売をされているのか?
(お仕事をされているのか)

を伝えることに注力してください。

伝える事が全ての始まりだと
個人的には考えています。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。