お客さまとの関係性を大切にしながら売上を上げる。嘘みたいなホントの話

説明せずに商品が売れたら
どれだけ楽か?

考えたことありませんか?

お客さまにいやーな顔をされて
ギューッと胃が痛くなる。

ヘンなストレスを感じる必要もありません。

お客さまは自由に商品を見て
必要な時だけ、こちらに
声をかけてくれる。

質問をしてくれる。

その質問に答えるだけで
「じゃあください」
となったら、どれだけ気持ち良いか?

お客さまも気持ちよく買い物できる。

こちらも気持ちよく
商品を販売できる。

『理想』の販売スタイルではないでしょうか?

ちなみに私の周囲では
理想の販売法を実現している方が
大勢いらっしゃいます。

商品説明ゼロで売りまくる方が
多数います。

例えば、こちらをご覧ください。

以前いただいたメッセージです。

臼井さんから教えて頂いた
POPの書き方で書いてみたところ
こちらから何も説明も言わずに売れました♪

お客様が読んで買う気になっていただけました♪
ありがとうございます。

それに値段を書くの忘れてたんです。

2980円でしたが、
値段関係なしに売れたんです。

すごく嬉しかったです!

説明していいのがあるんですよ~ってなると
押し売りみたいになるのが嫌でしたが
ポップひとつで簡単に売れる楽しみが出来ました。

どんどん書いてみま~す(^O^)
(サロン T・Mさん女性)

何も説明せずに商品が売れた。

これ自体も凄い話ですが
値段を書くのを忘れていた。
(バタバタしていると、ありがちです)

値段を提示していないのに
商品がポンと売れた。

結構インパクトのある話じゃないですか?

商品説明なしで、
価値がしっかりと伝わっている
証拠です。

このスタイルで販売できれば
値段関係なしに売ることが
可能になります。

たとえ高くても購入していただける
確率は高まります。

セールスすること自体は
悪い事じゃないと個人的に思っています。

ただ、その方法がポイントです。

販売が苦手な方からすれば
ストレートに攻めれば、

『キャー、押し売り!』

お客さまに誤解されるだけです。

押し売りと思われたら
商品が売れないどころか、
二度と来店してもらえない。

目も当てられない事態を招きかねません。

勿体ない話です。

「セールスが苦手」

「できる限り売り込むことなく
販売したいんです」

そう言う会員さんは多いです。

私自身もセールスが得意ではありません。

30歳の頃に働いていた
産直店でも試行錯誤の連発でした。

だからこそ、POPみたいな
セールスなしで商品が売れる。

お客さまとの関係性を大切にしながら
同時に売上を上げる。

そんな嘘みたいな方法を
実践できるように
なったのかもしれません。

『売り込みゼロで商品が売れる』

実践したことがなければ、
何ともうさん臭い話に聞こえます。

しかし多くの方が実現しています。

私の周りでは多数の方が

気持ちよく売り、
気持ちよく買っていただく

を実現されています。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。