エステサロンの化粧品販売POP事例。たった1枚で36倍のスピード販売

ご報告をいただきました。

ある講座を受講される
エステサロンの女性会員さんです。

昨年『1年間』の販売数量を
わずか『10日間』で達成されました。

エステ POP事例 店販 

現在エステサロンさんで使われているPOP

以前の36倍のスピードで売れている計算です。

1年間は365日。

10日間で同じ本数売れているということは、

365日÷10日=36.5

ものすごい単純換算すると、
36倍のペースで売れている計算です。

昨年と比較すると飛躍的な伸びですね。

…とはいえ、こちらの会員さんのサロンでは
固定のリピーターさんが
繰り返し来店されるお店です。

単純に今後もガンガン商品が売れ続ける、

というわけではありません。

ただ、化粧水という商品の特性上
いったんご購入くださったお客さまは
継続利用していただける確率は高いですよね。

そのキッカケとして
今回の会員さんのPOPが一役を買う。

大きいんじゃないかと思います。

そんな凄い成果を1か月ちょっとで
叩きだされたKさんから
このようなメッセージも頂きました。

昨日ワークと一緒に送らせていただいた
POPは、セミナーを受け始めてから
書いたものです。

以前は、私もご多分にもれず、
商品名を、ドン!と大きく書いて
こんな商品ですよーと、

説明文を書き足して、最後に金額
のパターンでした。

たいした反応もなく何でだろうな~と
モヤモヤしていました。

メイクドレッサーの鏡の横に
商品と合わせて置いてみたら、

メイクが始まる前に覗きこんで
読んでくれているお客様の姿が!

メイクのあと、お客様の方から、
「これは、お化粧した上からでも使えるの?」
と聞いてくださって、

販売につながっています。

改めてPOPのスゴさを実感したので
一緒に送らせていただいた次第です。

Kさんから頂くメッセージからは

「お仕事、ご商売を
楽しまれているんだろうなー」

という雰囲気が伝わってきます。

化粧品 POP

これが店販売上36倍を達成したPOP

さらに成果は上がり続けると思っています。

POPにはセールス色は皆無。

だけど商品を買いたくなる。

お客さまにしてみれば
他店とは違う存在感を
お店に感じていると思います。

「また行きたくなるお店」
「あえて行きたくなるお店」

になっていると思います。

ちなみにKさんは、このご報告をくださった
約1か月前にセミナーを受講されました。

そのとき書かれたPOPも
拝見させていただきました。

現在書かれている内容とは雲泥の差です。

エステ POP事例 店販 

講座を受講される前に書かれたPOP

同じ方のPOPだとは思えません(笑)

信頼関係が生まれているので
他の商品も今回と同じような結果を
掴むことは可能だと思います。

お客さまと仲良くなりながら
商品もたくさん販売できる。

またご報告をたくさん頂きたいな、
と思っています。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です