「どんなペンで書かれていますか?」書くペンで反響は変わるのか!?

 

手書きPOP ペン

 

 

あなたは、どんなペンで手書きPOPを書かれていますか?

書くペンに特別な意識とか、持たれていますか?

 

先日、このようなメッセージをいただいたんですね。

 

とりあえず、筆ペンで自分なりに作ってみました。

それだけでも、お客様がいろいろ聞いてくれるようになりました。

 

この方は、手書きPOPの「ペン」選び。

それと、手書きPOPの「色のつかい方」。

そういった部分に新たな発見をされて。

そこから、新たにPOPをリニューアルされたようなんですね。

 

っで、先ほどのコメントを送ってくださっていました。

 

…手書きPOPに欠かせないペン。

 

「そのペンは何をつかうのか?」

「つかうペンが手書きPOPに影響を与えるのか?」

どうなんでしょう。

 

出来あがるPOPに違いはでるのか?

今日は、ペンにまつわる手書きPOPの話です。

書くペンで手書きPOPは変わる?

…普段、僕は、「字の書き方」とか。

「筆ペン」のつかい方とか。

「魅せ方」の部分には、あんまり言及しないんですね。

 

「魅せるのも大事だけど、伝える内容。

 メッセージがPOPの成果を決める」

そう主張しています。

 

…ただですね、今回のいただいたメッセージを読ませてもらっていて、

人によって、心に火が点く。

そのスイッチは違う。

手書きPOPのスイッチがONになる場所って、人それぞれ違うんだな、

っとあらためて実感します。

 

たとえば、手書きPOPを1枚書くにしても、、、

そこで使うペンって、色々とありますよね。

  • マジック
  • ポスカ
  • 筆ペン、、、、

そこで、自分の好きなペンをつかう。

 

たったこれだけでも、POPに書くメッセージは違ってきます。

つかう道具がアイデアを決める

「何をつかって書くか?」によって、出てくるアイデアは違う。

 

以前なにかの本で読んだ話なんですが。

要は、アイデアを出すときに、

 

「アンケートのお礼にもらったボールペンで書くのか?」

「お気に入りの万年筆で書くのか?」

 

はたまた、

 

「コピー用紙の裏紙に書くのか?」

「開くだけでテンションが上がる、お気に入りのノートに書くのか?」

っで、思いつくアイデアは違ってくるそうです。

(※万年筆がいいとか、裏紙に書くのがダメと言っているわけではありません)

 

実際、僕もこの話を聞いて、

  • つかうペン
  • 書くノート

意識をするようになりました。

 

「どうせなら、お気に入りのを使おう」

そのノートを開くだけで気分が盛り上がるもの。

書くのが楽しくなるペン。

そんなのを使うようになりました。

 

すると、少なくともそのペンとノートをつかう。

その時間を楽しめるようになりました。

(アイデアに違いが表れているか?というと、実感レベルではまだわかりません)

書くペンにこだわるのもあり

まずは興味を持つ。

心に火を点ける。

スイッチをONにする。

ここが大事なわけで。

 

手書きPOPを実践するその入り口っていうのは、何でも良い。

 

「手書きPOPに興味がある」

「これから手書きPOPをチャレンジしたい」

「今やっているいけど、イマイチうまく書けない。。」

のなら、書くペン。

ここに意識を向けてみるのもアリかもしれませんね。

 

せっかくなら、持つだけでテンションが上がる。

そのようなペンを使うのも、1つの手になってきますよ。

 

(注)ペンにこだわらないと、いい手書きPOPが書けない。

というわけではありませんからね。

手書きPOPに対する成果やテンションが停滞している時に、つかえる手の1つです。

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。