手書きPOP体験談~「字が下手でも関係ないものでしょうか?」(理容店)

 

pen-631321_640

 

今日も、手書きPOP体験談を共有していきますね。

 

現在、手書きPOPに興味を持たれているあなたが、何かしらの理由で躊躇されている。

実践に踏み出せずにいる。

そんな時に、他の手書きPOP実践者の話を聞く。

すると、

「あぁ、まわりの方も私と同じことで悩まれているんだ」

実践へのモチベーションが湧いてくる。

 

そんな風になればいいな、と思い今回も手書きPOP体験談をご紹介します。

今日の方は、東京都で理容店を営まれる男性の方です。

手書きPOP体験談~理容店

臼井さん、メールありがとうございます。

最近当理容業界でもPOPの重要性を認識し、力を入れている店舗も増えているように思います。

 

先日受けたセミナーでも手書きPOPを勧められました。

あの旭山動物園も全て手書きPOPだそうですね。

私は当店のPOPを手書き風のフォントを使ってパソコンで作っております。

如何せん字が下手なものですから。

外のブラックボードは致し方なく手書きしています。

字が下手でも関係のないものなのでしょうか。

 

色々勉強させて頂けたらと思っていますので、よろしくお願いします。

(東京都 理容店 男性)

 

そう、僕も旭山動物園に家族で行きました。

そして、園内に貼られている手書きの掲示物(POP)。

これには驚きましたよ。

(かれこれ、4年くらい前になるのかな)

ここに注目

旭山動物園の話ではありません(笑)

 

今回メールをくださった方のメッセージ。

その中からこちらに注目です。

字が下手でも関係のないものなのでしょうか。

この言葉です。

 

あなたは心当たりありませんか?

「字に自信がなくて、手書きPOPを書くのに抵抗がある」

「字がへただから、、、手書きPOPなんて、、」

って。

 

僕はいつも言っていますが、手書きPOPに字のうまいヘタは関係ありません。

字がうまくないからといって、成果につながらないか?

売れ数が伸びないか?

っていうと、まったく関係ありません。

 

お客さまは、字のうまいヘタで商品を買おうかどうかを決めている?

決して、そんなわけありませんよね。

(キレイな字で書かれているから、「よし、買おう」ってなることはありませんよね!?)

 

…中には、手書きPOPの「見た目」を重視される専門家(コンサル)の方もいます。

こういった字の書き方をして、、

こういったイラストを描いて、、、

というやり方をすすめる方もいらっしゃいます。

 

っが、僕がお伝えしている手法は、全く違います。

たとえ字が苦手でも、成果の上がる手書きPOPの書き方です。

(…というのも、僕自身が字ヘタですからね(笑))

 

というわけで、もしもあなたが、字の悩みで手書きPOPを躊躇されているのなら、、、それはすごくモッタイない。

せっかく手書きPOPに興味を持った。

なのに、そのチャンスをロスしているのかもしれませんよね。

 

「あぁ、手書きPOPって字のうまいヘタ関係ないんだ」

実践してみると、案外こんな気持ちになるのはカンタンかもしれませんね。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。