月曜日は、キケン

 

running-573762_640

 

下記↓に当てはまる行動、1つでも心当たりありませんか?

  • メールの受信BOXを頻繁にチェックする
  • 普段はあまり読まない、他人のブログを読みにいく
  • デスク脇のコーヒー(飲料)をやたら飲む

こうなると、要注意。

典型的な「危険パターン」。

僕の場合は、完全に集中力が切れている証です。

 

…先週、月曜日の朝、

まんまとこの行動パターンにハマってました。

なんだかイヤな予感がしたんです。

「今日は、ヤバい日じゃないか?」

そんな胸騒ぎがしたんです。

そしたら、それが見事に的中。

仕事始めの朝の1時間をもがく事に。

 

…ふだんの僕の朝の行動パターンって、大体決まっているんですね。

 

朝、だいたい5時過ぎに起きて。

(アラームは4:30にセットするんだけど、そこから30分くらいゴロゴロしてしまう)

そこから、40分くらい近所にウォーキングに行くんですね。

 

帰宅。

だいたい、このとき6時前。

そこからシャワーをして、パソコンの前に座る。

ブログを1本書く。

これが、僕の毎朝の日課。ルーティンです。

出張のとき以外は、ほぼ毎日やっています。

 

ただそれが、週の始まり。

月曜日になると、おかしくなるんです。

調子が狂いだす。

ルーティン通りに進まなくなるんです。

先週の月曜日もそうでした。

朝起きたのは、5時。

そこからウォーキングに行って、6時前に帰宅。

ここまでは順調だったんです。

っが、パソコンの前に座って、、、、からが上手くいきません。

 

パソコンの前に座って、ブログを書こうにも筆が進まない。

というか、キーボードを叩けない。

僕の頭に、記事の内容が浮かんでこない。。

「ブログを書かないと、、、」

と思えば思うほど、頭の中では空回り。

書かないと焦る気持ちに反して、心がついてこないんです。

アイデアが浮かんできません。。

 

気がつくと、

  • 他人のブログを閲覧する
  • メール受信BOXをチェックする
  • ブラックのコーヒーをむやみやたらに飲む

冒頭のこの3つのヤバい行動パターンにはまってました( ̄。 ̄)

 

「…誰かのブログを読んだら、ネタが浮かんでくるかな?」

他人のブログサイトを閲覧しに行く。

 

「…何かネタになるメール来ていないかな?」

普段は朝から開くことのない、メール受信BOXを開く。

…気がついたら、キーボードの横に置いてあるマグカップも空っぽになっている。

そんな状態でした。

月曜日は、キケン

普段平日には、このような症状(ブログが書けなくなる、ネタが見つからない)になる事は、ほぼありません。

こうなるときは、大抵、月曜日です。

以前も何度か同じような症状になったことがあるけど、その時も月曜日でした。

 

…どうして月曜日ばかり、こうなってしまうのか?

 

その原因は、歴然です。

土日が休日だからです。

 

通常、土日の2日間は、パソコンに向かう時間も少ないんですね。

(土曜日は、早朝2時間くらい使うけど、日曜日は意識的にほぼゼロ。)

ブログ記事も、ほぼ書きません。

だから、ブログを書かない土日の2日間。

これがブランクとなっているようです。

間を空けるのが怖い

 

例えば、POPを書く作業がしばらく空いた。

久しぶりに手書きPOPを書こうと、ペンを持つ。

台紙を前にする。

 

台紙を前にする。

 

…台紙を前にする。

 

動けない、、、みたいな(笑)

今までだったら、結構すらすら書けてたのに、その日だけは妙にペンが進まない。

そんなことって、ないですか?

 

これは、POPを書く間隔が空いたのが1つの要因です。

久しぶりに手書きPOPを書こうとすると、

  • ペンが進まない
  • アイデアが浮かばない
  • ようやくネタが浮かんでも、これでいいんだろうか?不安になる
  • 書いた内容に自信が持てない

もしも、このような経験があるのなら、それはPOPを書く間隔が空いたことによる弊害です。

POPに限らず、販促物。

「書く(発信する)」ということが関わる、ブログやフェイスブックといったオンラインの媒体にも共通する話じゃないでしょうか?

 

手書きPOPにしろ、ニュースレターにしろ、、、可能な限り、こまえに。

定期的に書く。

できれば、毎日にね。

これが、継続的に、、ストレスなく、販促活動を続ける1つのヒントです。

間が空けば空くほど、自分が書いた内容に自信が持てなくなる。

ネタが思い浮かばない。

次第に、書くことから遠ざかってしまいます。

 

僕にとっての場合、土日の2日間でも結構キケン。

たった2日空いただけでも、モチベーションを戻すのに時間がかかります。

月曜日は、まさに危険な日でもあるのです。

 

あなたは、同じような経験をされたことがありますか?

もしあれば、それは何曜日でしたか?

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。