ニュースレターを発行するコツ

 

ニュースレター

 

「ニュースレターを発行したい」

そう思ったら、まず発行する。

これが、ニュースレターを発行する、

ニュースレターで成果を上げる、そのためのコツです。

 

すごく極論のように聞こえるんだけど。

「あんた、なに言ってるの」

って、思われるかもしれないけど、本当です。

禁煙するコツ

以前、こんな話を聞いたことがあります。

煙草をやめる。

禁煙する1番のコツは、たばこを吸わないこと。

 

はじめ聞いたとき(たぶんテレビか何かで聞いた)、

「何言ってんねやろっ?」

って思ったんですが、よくよく考えてみると結構本質を突いてるやん、と。

 

この話がもっとも言いたいことは、

  • 「…今日くらいいいか」
  • 「…今日は、●●したし、そのご褒美に1本だけ」
  • 「…今日は特別や」

ついつい自分に甘くなってしまう、こういった例外をすべて許さない。

タバコを吸わない、という行為そのものが結局のところ禁煙につながる。

そういうことを伝える話なんですね。

 

この話の真意を知った時、まさに!と思ったし、

これって、販促物でもまったくそのまま言えるやん、と。

まず、やろう。

「ニュースレターを発行したい」

「手書きPOPをつかって、お店の売上を上げたい」

そう思ったら、まずやってみる。

 

これが成果への1番の近道です。

 

もちろん、まったく白紙の状態だと何から手をつければ、、、?

なので、ある程度の準備。

材料(やり方)を集める必要はあるでしょう。

だけど、一端準備が整ったなら、あとは行動するのみです。

 

初めは多少、納得のいかない内容になっても仕方ありません。

思うような見映えにならないかもしれない。

いきなり成果にもつながらないでしょう。

…だけどね、それがスタートです。

始まりです。

 

「1番初めが、1番ヘタ。」

これ、僕の好きな言葉の1つなんだけど。

 

ニュースレターの第1号が、おそらく一番納得いかない内容です。

初めて書いた1枚目の手書きPOPが1番ヘタ。

満足できないでしょう、、。

でもね、そこから段々内容はブラッシュアップされていくわけです。

 

「ニュースレターを発行したい」

「手書きPOPをお店に並べたい」

そう思ったら、とにかく1枚書いてみましょう。

そこから、内容をブラッシュアップしていけばいい。

改善したいアイデアも浮かぶはず。

そして、あなたの物語はそこからがスタートです。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。