ここだけはやっておきたい手書きPOPの工夫

手書きPOPセミナー大阪

 

手書きPOP レイアウト

 

あなたのお店では手書きPOPを書く人は、お一人ですか?

それとも、複数のスタッフさんが書かれてますか?

 

…先日、ある調剤薬局店さんに販促サポートに伺ったときのこと。

こんなご相談を受けました。

 

「スタッフが何人かで手書きPOPを書いたとき

見た目がバラバラになるんですけど、、、それって大丈夫なんですか?」

 

手書きPOPのメリットの1つは、書いた字を通して温もりや人柄が伝わることです。

書いた人の存在感が伝わってくる。

これがパソコンでつくったPOPにはない、良いところです。

 

っがしかし、このメリットは、一歩間違うとデメリットにもなる、

両刃の剣だったりもします。

先ほどの薬局さんのご質問がまさにそうなんですが、、、

統一感は保たれているか?

例えば、あなたのお店ではスタッフさんが4人いるとします。

そして、その4人全員が手書きPOPを書く。

特に、販促専門の担当者をつけていない。

そう仮定しますね。

 

4人のスタッフさんが手書きPOPを書いている。

皆さんそれぞれお勧めしたい商品のPOPを書いている。

売場に設置されている。

…その時に、売場ではどんなことが起こっているか?

お客さまは、その売場で買い物をしながらどんな風に感じているか?

 

よくあるのが、見た目の「統一感」の問題です。

見た目がバラバラになっているんですね。

 

冒頭でも少し触れたように、手書きPOPの良いところは書いた人の人柄や存在感がその字体を通じて伝わることです。

当然、POPを書く人によって字のクセも字体も、字の大きさも違います。

4人のスタッフさんがいれば、全員違うはず。

  • スタッフさんによっては、3行のメッセージしか書いていないPOP
  • スタッフさんによって、字も小さく、びっしりメッセージを書いたPOP
  • スタッフさんによっては、絵を描くのが得意なので、イラスト付きのPOP
  • スタッフさんによっては、絵手紙をやっているので、筆文字のPOP

…こんな感じで人によって、書くPOPは違ってきます。

 

このようないろんな種類の手書きPOPが設置された売場。

お客さまは買い物しながら、どんな風に感じるのでしょう?

ここだけはやっておきたい手書きPOPの工夫

「なんだかいろんなPOPがあって、楽しいわ」

「賑やかな売場ね」

いろんな感じ方がお客さまによって、あると思うんです。

 

ただ、ここでお店側として出来ること。

やっておきたい工夫。

1つあります。

 

それは、「統一感」のキープです。

 

というのも、POPを書く人によって、字体が違う。

字のクセがさまざま。

想いも人によって違う。

さらには、レイアウトまでPOPによって違う。

こっちのPOPには、キャッチコピーが1番上に書かれている。

だけど、こっちのにはキャッチコピーがない。

 

・・・とこんな感じだと、お客さまは買い物をしながら違和感を感じるはずです。

POPをスムーズに読めない。

買い物をしながら、ストレスを感じるかもしれませんよね。

 

なので、そんな時に、統一感だけは何とか工夫をしてキープしておきたいものです。

 

あなたのお店の手書きPOP。

お一人のかたが書かれているのですか?

それとも、何人かのスタッフさん?

もしも複数の方が書かれているのなら、その手書きPOPの統一感は保たれていますか?

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。