理想の「手書きPOP」

 

rust-219893_640

 

「…どんな手書きPOPを書けば、いいのですか?」

「…理想の手書きPOPって、どんなのですか?」

もしもそんな風に訊かれたら、僕はこう答えるでしょう。

 

「売れるPOP。これが1番です」と。

 

あなたが手書きPOPを書かれる目的。

それって、何でしょう?

何のために、手書きPOPを書きたいと今思われているのでしょう?

意外とズレている、その目的

人によっても違うと思うのですが、手書きPOPを書く目的。

それっていうのは、多くの場合「商品を売る」ことだと思うんです。

 

お店や会社であつかっている商品やサービスがあって。

それらの良さをお客さまに伝える。

そして興味を持ってもらう。

買ってもらう。

ここを達成するための1つの手段として、手書きPOPを選ばれた、、、んじゃないか?

と思うんです。

 

…であれば、

「どうすれば、売れるPOPを書けるか?」

「どんなことを意識してPOPを書けば、売れるのか?」

ここを求めているはずです。

間違った場所にかけたハシゴを登っても意味がない。

以前読んだ本に書かれていた言葉です。

 

この言葉の意味は、こういうことです。

目の前にハシゴがある。

多くの人は、「そのハシゴをいかに早く登るか?」

に気をかける。

注力します。

 

「そのハシゴの先がどこに架かっているのか?」

よりも、目の前のハシゴを登ることに意識を向けるのです。

 

言ってみれば、目の前のハシゴを早く登ることが目的の状態です。

 

実はこの話、手書きPOPなどの販促物にも同様のことが言えます。

「手書きPOP」を書くことが目的じゃない

繰り返しになりますが、僕たちが手書きPOPを書く目的。

それは大抵の場合、「あつかっている商品」を売る。

これが最終目的にあるのではないでしょうか?

(※お客さまとコミュニケーションをとる。そのキッカケづくりにPOPを書くことを僕は推奨していますが、そこにもやはり「商品が売れる」という前提があってのことです)

 

手書きPOPをつくることが目的ではありません。

綺麗な手書きPOPを書くことが目的ではありません。

書き終えた後に達成感を得ることが目的でありません。

 

手書きPOPを書いて、商品を売りたい。

ここが目的ですよね。

 

「いいのが書けたかどうか?」

ではなく、

「売れるかどうか?」

が手書きPOPにおいて、もっとも重要な指針のはずです。

 

…もしも今、あなたが手書きPOPに関してなにか悩みを持たれている

課題を感じられているとしたら(もっと字がうまくなりたい…など)、、、

それは手書きPOPの目的につながることでしょうか?

 

いい手書きPOPを書くため、、、

書いた後に

「上手に書いたね」

と誰かに言ってもらうための課題になっているとしたら、、、

それは、少しズレているかもしれませんね。

ハシゴの先がどこか(あなたの求めるモノと)違う場所に架かっているかもしれませんね。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。