読まれる手書きPOPには、●●●がある

手書きPOPセミナー大阪

 

thumbs-up-1006176_640

 

読まれる手書きPOP。

読まれるチラシ、ニュースレター、、、

ここには、ある共通点がある。

 

そんなことを言ったら、それは一体何だとあなたは思いますか?

読まれる手書きPOPには●●●がある

実は僕、自分でメルマガを発行するだけでなく他の方のも読んでたりします。

というか、登録しているだけ…っていうケースが大半で。

メールBOXには届くけれど読んでいない、そんなメルマガが多いんですね。

(エラそうなこと言ってるけど、自分のはどうなんだ!?)

 

じゃあ、読まれるメルマガと読まれないモノ。

そんな風に分かれるのは、一体どうしてなのか?

 

実はこの話は手書きPOPにも通じていて、、、

【読まれるPOP】と【読まれないPOP】、その違いにも同じことが言えるんです。

 

つい、僕が読んでしまうメルマガには、【人間味】が感じられる。

文章から書いている方の人柄が伝わってくる。

そんなモノが多い気がします。

 

…あるんですよ、

ものすごく為になりそうな正当な話を書かれいてるメルマガ。

でも、読まない。

読もうという気にならない。(←自分のことを一切棚に上げるオトコ)

その理由は何か?

考えてみると、そこに発行者の人間味が感じられないんです。

 

なーんか、ただ情報だけが届けられている、

そんな感じ。

だから、読まない(好みもあると思うんですけどね)。

 

france-1256522_640

手書きPOPをチェックしてみよう

あと、もう1つ言えるのは、

たとえ伝える情報が同じでも、そこに【人】の要素があるかないか?

で、情報ってまったく違ったモノになる。

そういうことです。

 

少しだけ考えられてみてください。

 

もしも今、あなたの書かれる手書きPOPがお客さまに読まれない、

そんな状況だとしたら、、、

それは書かれるPOPに、あなたの【人間味】が感じられないから、、、

これが1つの要因かもしれません。

 

メッセージから【人間味】を感じられないと、どこにでもある。

ありきたりな内容と、お客さんは判別してしまう可能性が高くなってしまいます。

 

心当たりのある方は、Check!してみましょう。

今、書かれている手書きPOP、チラシ、ニュースレター。

あなたの人柄を感じられる要素、どれくらい入っていますか?

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。