【スーパーの手書きPOP成果報告】売り込み感を感じさせないPOPとは?

手書きPOP事例のご紹介です。
千葉県のスーパーで店長をされている男性から報告をいただきました。
 
「朝からPOPを付けてたら、一体どれだけ売れたんだろう・・・」
思わず、現場にいたご本人も驚いた手書きPOPの成果報告です。 

では、ここからがいただいたメール本文です。

スーパー店長の成果報告

スーパーの店長さんからいただいた手書きPOPの成果報告をご紹介します。

↓ここから↓

同業の方の事例報告を聞いて、なるほど、と感心させられながら読んでました。
参考にさせていただきます。

(中略) 

「今日のカボチャ、どう?」

「店長、今日はホクホクですよ。」

「そうですか?ホクホクですか。それじゃ、やってみましょう。
 売り込んでみましょうね。」

パートさん曰く、かぼちゃにはホクホク、ふつう、ねっちょりと3タイプの硬さがあるんです。
好みもありますから、ホクホクの好きな方もいれば、やわらかいタイプのカボチャが好きな方もいるわけです。

で、今回はこの「ホクホク」に注目して販売してみたんです。

今日のカボチャはホクホクです。

この道、千葉市でおそらく一番かぼちゃを切っている、
この道十何年のうちのパートの方が、
自信を持っておすすめします。

という文面をB4の黒のPOP用紙に書いて、かぼちゃのカット(1/4と1/2)のところにPOPスタンドで置いておきました。

かぼちゃは多段ケースの下から2段目ですが。
POPをつける前までは96個の販売でした。

開店が9時でデータを見たのが16時45分、
閉店して、売場に行くと、なんと、かぼちゃは1/2が残り1つとなってました。

そしてその日のかぼちゃの売上数をみると、172個。
つまり、夕方5時から販売して、閉店が夜8時30分なので3時間30分で76個販売できたんです。
朝からPOP付けてたらどれだけ売れたのかと驚きました。

商売やってて、こうのが楽しいんですよね。
自分で工夫したら、お客様に支持された。
こういうのをみんなにわかってほしくて、朝礼等でみんなに話をしたりしてるんです。

それでも手書きを書いてやってみると言う方が、なかなかでないですよねー。
なんとか広めたいんですよね。
すいません。愚痴を書いてしまいました。

↑店長さんの報告は、ここまでです↑

パートさんからのお勧めは受け入れられる

今回、ご報告くださったお話は、まさにPOPの威力を感じさせる事例です。

「朝からPOPを付けてたら・・・」
となったお気持ち、本当に理解できます。

今回のお店のPOPが売上アップにつながった要因は、いくつか考えられます。
中でも、僕なりに考えた1つが、

「パートさん(従業員)からの発信だった」
実はここって、決定的なポイントです。

スーパーの手書きPOP事例

こちらもパートさんが書かれた手書きPOP~売上が7倍以上になった

メルマガでも、よくお伝えしているのですが、お店のパートさんはお客さまに1番近い存在です。
お店の人間でありながら、お客さま視点を持っています。
ゆえに、パートさんの意見は、お客さまの心に届きやすいんです。

・・・なぜか?

「売り込み感を感じないから」です。
 同じセールストーク1つにしても、伝わり方はまったく違います。
バイヤーや営業マン、店長からお勧めされるのと、パートさんからとでは、お客さまの受け取り方が大きく変わってきます。

何よりお客さまの立場に近いパートさんからのオススメには、売り込みを感じにくい。
(もちろん発信の仕方もありますが)

「この人が言うんだったら本当に良いんだろうなぁ」
と思わず、受け止めてしまいやすい。

  • 【バイヤーさんからのオススメ】⇒ 【売り込みたい】
  • 【パートさんからのオススメ】 ⇒ 【お勧めしたい・紹介したい】

ある意味、こんな思いをお客さまも潜在的に感じているんじゃないでしょうか。

話は逸れましたが、POP⇒成果。
この決定的要因の1つ。
それが、売り込み感をいかに消去できるか?

今回のご報告では、パートさんがPOPを書かれる。
ここが一役買っていました。

あなたのお店で、売り込み感をなくした手書きPOP。
どうすれば、書けそうですか?

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。