手書きPOP事例~農業編~3時間あれば変わる!

あなたは、思っていませんか?

「手書きPOPって、難しい、、、」

「キャッチコピーを考えるの苦手だし、、、」

自信を持って言い切ります。

「何を書けばいいのか?」

書くべきポイントを押さえれば、どなたでも手書きPOPは書ける。

もし仮に、今、あなたがPOPを書くのが苦手だったとしても、、、

ポイントさえ押さえれば、書けるようになる。

反響のあるPOPがね。

ということで、今日は、わずか3時間で、アッ!と驚く変化がPOPに起きた事例の紹介です。

実際にポイントを押さえることで、手書きPOPがみるみる上達された。

そんな事例を紹介いたします。

以前、農業学校で手書きPOP講義をした時のこと。

参加者は、有機農業を学ばれて、これから就農を目指す未来の生産者さんでした。

3時間の授業の中で、手書きPOPの書き方をポイントごとにお伝えしました。

・・・まず、授業の1番初めにやったこと。

いきなり、POPを書いてもらったんです。

こっちから何にもお伝えしていない真っ新な状態で、まずは書こう!って。

っで、書かれたPOPがコチラ。

嶺北(※地名)の豊かな自然を体いっぱい に受けて育った人参です。 あなたも嶺北の自然を 少し堪能してみませんか?

嶺北(※地名)の豊かな自然を体いっぱい
に受けて育った人参です。
あなたも嶺北の自然を
少し堪能してみませんか?

 

続いて、授業の途中。

1時間ちょっとが経ったくらいかな。

ノウハウの半分くらいまで学ばれた状態で、またPOPを書いてもらいました。

それがコチラ。

みずみずしさと甘さが命です♪♪ <有機人参> えっ!?なんでこんなに小さいの? 嶺北の寒さに耐えて、じっくり大きく なっているのです。 この濃縮されたおいしさを、一度 味わって下さい。 ミニミニ人参  一袋 200円

みずみずしさと甘さが命です♪♪
<有機人参>
えっ!?なんでこんなに小さいの?
嶺北の寒さに耐えて、じっくり大きく
なっているのです。
この濃縮されたおいしさを、一度
味わって下さい。
ミニミニ人参  一袋 200円

変化、感じます?

っで、最後、授業が終了する直前に、もう1度POPを書いてもらった。

・・・どうなったと思います?

・・・変化があったと思います?

結果は、コチラ。

最後に書かれたPOPです。

(3つのPOPすべて同じ方が書かれています)

 

●●●(学校の名前)の冬人参 昨年の2月の短期研修に来た時に 食べたこの人参をきっかけに、一年間ここで 勉強してみようと決めた一品です。 でもね、昨年食べた人参も小さかったんです。 今年は頑張って、少しは大きく育ったんですけど まだまだ小さいんです。 来期の塾生の人達は、もう少しうまくつくってくれる ことでしょう♪♪ ミニミニ人参  一袋 200円

●●●(学校の名前)の冬人参
昨年の2月の短期研修に来た時に
食べたこの人参をきっかけに、一年間ここで
勉強してみようと決めた一品です。
でもね、昨年食べた人参も小さかったんです。
今年は頑張って、少しは大きく育ったんですけど
まだまだ小さいんです。
来期の塾生の人達は、もう少しうまくつくってくれる
ことでしょう♪♪
ミニミニ人参  一袋 200円

・・・いかがですか?

1番初めのPOP。

そして、2番目、、、最後。

見比べられてみて、メッセージの違い、何か感じますか?

手書きPOPで成果を上げるポイントの1つ。

それは、、、インパクトのある言葉が書かれているか?

お客さんの目を引くキャッチコピーがあるか?

実はそういったことではない。

それよりも、もっと重要なこと。

 

それは、メッセージがその人にしか書けない

 

容になっているか?

ここが最大の肝といってもいいんです。

詳細は、またの機会にお伝えいたしますが。

商品名や店名を替えれば、他のお店(今回の場合は学校だけど)でも使えるメッセージ。

だったとしたら、それは反響を得るのは難しい。

お客さんの心を動かすのは、厳しいです。

・・・そういった視点からこの3つのPOPを見てみると。

明らかに違いを感じるでしょ。

最後に書かれたPOPなんて、他の参加者(生産者)さんには書けないメッセージ。

そう思いません?

あくまでも、上記の3つのPOPは、3時間の授業で書かれたモノ。

わずか3時間でも、これだけの変化が生まれるんです。

正しい書き方、ポイントを押さえれば3時間でもデキる。

たとえ、キャッチコピーを考えるのが苦手だったとしても、、、

お客さんに喜ばれる。

お客さんの心を動かすPOPを書くことが。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。