「衝動買いした商品の7割にPOPが付いていた!」ご存知でした?こんな心強いデータがあるの

手書きPOPセミナー大阪

 

実は僕たちって、衝動買いが大好きなのご存知でした?

 

買い物をするときの7割以上が、衝動的に、、、

事前に予定していなかったモノを購入している。

そんなデータもあるのです。

 

…先日、僕もまさにビンゴ。

 

ネット通販だったんだけど。

1つのジャケットを買うつもりでホームページをのぞいてみた。

30分くらい閲覧し、決済を終わらせました。

結果、購入した商品は全部で3つ。

ジャケット以外のセーターなどもばっちり買っていました。

 

実はこの「衝動買い」、

手書きPOPとの関係が奥深いのです。

僕たちが大好きな衝動買いに、「手書きPOP」が有効なのです。

 

その噂のジャケットを着て…行ってきます!

その噂のジャケットを着て…行ってきます!

買い物の70~84%は、お店で決めている

「衝動買い」、

言い方を変えると、あらかじめ買う計画していなかった商品を買うことです。

 

お店に行く前は買うつもりがなかったのに、気がつけば買っている。

そんな買い物のことです。

ちょっと難しい言い方をすると「非計画購買」と言ったりします。

 

そして僕たちは、この非計画購買をよくしているのです。

 

ある研究によると、購入商品のなかに占める非計画購買の比率は70~84%というデータも残っています。

もちろん、この数字は業種やあつかう商品によっても違いますよね。

ただ、僕もいろんなデータを調べてみたところ、その多くが70~80%の比率でおさまっている。

なので、この数字をベースにいろいろと考えて良いと思っています。

(試しに「非計画購買率」と検索をかけると色々でてきます)

 

このデータからも、僕の冒頭の衝動買いも理解できますよね。

 

 

…じゃあ、次に、

お客さまは、一体どんな理由で「衝動買い」をしているのか?

ちょっと知りたくありませんか?

購入した商品の約7割にPOPが付いていた!

お客さまが衝動買いする理由には、大きく分けて4つあるといわれています。

  • 想起購買
  • 関連購買
  • 条件購買
  • 衝動購買

 

今日は特にここを詳述しないんだけど、ある面白いデータを見つけました。

 

「POPの効果がどこまであるのか?」

を調べるために、都内の高級スーパーで一定の頻度以上利用してくださっているお客さま、

20名(女性)を被験者にある実験をおこないました。

青果売場に、POPをつけた商品と付けないモノを陳列。

その効果を調べました。

 

結果をみると、、、

購入した商品の76%が、あらかじめ計画していなかった購買(非計画購買)だった。

いわゆる買ったモノの7割以上が、「売場で買おうと決めた」商品だったのです。

(まさに、僕と同じジャケット衝動買い状態です)

 

さらに、

その売場で買おうと決めた「衝動買い」商品の約7割が、売場にPOPが付いていた。

(詳しく知りたい方は、こちら「青果物購買行動におけるPOPの影響」

 

 

はい、ここポイントです。

見逃してはイケませんよ。

 

お客さまは、衝動買いが好き。

買い物の約7割以上が、お店で買おうと決めている。

ここまでは、前半でお伝えしましたよね。

さらに!

その衝動買いした約7割の商品に、POPが付いていたのです。

 

すごくないですか、POPの効果。

なんだか、すごく誇らしいです。

まるで、POPが僕の息子のように感じられます。

 

 

今回は、都内高級スーパーの青果売場が舞台でした。

あなたのお店に、そっくりそのまま当てはまらないかもしれません。

しかし、

あなたがもしも手書きPOPに興味があるのなら、、、背中を教えてくるデータでもあるはずです。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。