【ブラックボードの参考事例】こんなことを書いたら、足を止めて読んでもらえた(酒屋さん)

 

今日はブラックボードの話です。

ある酒屋さんが実際に実践された事例なんですけどね。

 

お店の前に店主さんが手書きで書いたブラックボードを置いたら、よく読まれた。

中には、プスッと笑って読んでる方もいて結構、反響があった。

そんなブラックボードの事例をご紹介しますね。

店頭に置いたら、結構読まれたブラックボードの話

 

商店街にお店を出されているある酒屋さんのお話で。

ブラックボードを設置しようと思われたキッカケ、

それは、商店街を歩いている方に来店してもらうためでした。

 

商店街を他の用事(他店での買い物など)で歩いている方。

「その方々にお店に立ち寄ってもらうことはデキないか?」

っていうのを考えたのが始まりです。

 

…ちなみに、以前から商品をお薦めするブラックボードは置かれていました。

ただ、そのブラックボードにいたずら書きする小学生がいて。

近所の小学生が学校の帰りかなにかに落書きをして、店主さんを困らせていたらしいんです

そのお話を聞いて、

 

「意外とブラックボードは有効なんじゃないですか?

 (お店の前を歩く)皆さん、存在自体には気づかれているんじゃないですか?」

 

というやり取りになったのを憶えています。

この小学生の落書き話も、ブラックボードを改める1つのキッカケになりました。

 

 

っで、少し余談が長くなりましたが、内容を改めて置かれたブラックボードがこちらです。

 

酒屋さんの手書きブラックボード

酒屋の店主さんが設置されたブラックボード

ブラックボードを書くときに意識した2つのポイント

このブラックボードにされる以前は、オススメ商品のことだけを書かれていたんです。

商品についてのことだけをね。

 

「でも、それだけだったら、面白くないですよね」

 

という話になって。

2つの点を意識して、内容をあらためました。

 

  1. 誰が書いているのか?を感じられる内容に
  2. 入店してもらう目的を明確に

 

この2点です。

 

以前、店主さんが書かれていたブラックボードの内容は、どちらかというと、「商品」中心だった。

それを、「書いている人(店主さん)」を感じられる内容にしようと。

●【商品】⇒【人(店主さん)】

 

あと、ブラックボードを設置する目的は、入店者を増やすこと。

ここに尽きるので、ブラックボードの中でもそこを明確に書いていきました。

●ボードメッセージ文末

【詳しくは、店内のPOPで!】

という感じです。

…反響は?

書く内容をあらためて、起きた変化。

正確な数の変動などはお聞きしていませんが、店主さんがおっしゃっていたのは、、、

お店の前を通る歩行者さんが、明らかに足を止めて見る。

その方の数が増えたそうです。

 

自転車を止めて、ブラックボードの前に立ち止まる。

っで、読んでくれている。

「そういう方の数が店内から見ていても、明らかに増えた」

と店主さんはおっしゃっていました。

 

あと中には、ブラックボードを読みながらプスッと笑っている。

そんな方も時折、見かけるようになったそうで(笑)

 

書いたご本人としても、こんな反響が出ると嬉しいですよね。

その後も、シリーズ化してブラックボードを書き続けられました。

 

 

ブラックボードの活用法について、思案されている方も多いと思うんです。

スペースの関係で今日は詳しくお伝えできませんでしたが、

今回の酒屋さんの店主さんがブラックボードを書くにあたって意識された2つのポイント。

 

  1. 誰が書いているのか?を感じられる内容に
  2. 入店してもらう目的を明確に

 

この2点。

詳しくはまたの機会に書きますが、業種が違っても参考になると思います。

もしも、「ブラックボードにどんなことを書けばいいんだろう?」

って迷われているようでしたら、参考に書かれてみてくださいね。

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。