【読者からの質問】手書きPOPの全体バランスをとるには、どうすれば?

 

手書きPOPについて、

「全体のバランスが分からない・・・」

とのお声を読者の方からいただきました。

 

見せ方、デザイン的な部分は、僕の得意分野ではないのですが(汗)、

「手書きPOPの見た目のバランスをよくするには、どうすれば?」

今日はこの話をしていきますね。

 

ぜんぜん関係ないんですが、娘の最近のハマりごと~人生ゲーム~強制的に毎晩させられてます(笑)

ぜんぜん関係ないんですが、娘の最近のハマりごと~人生ゲーム~強制的に毎晩させられてます(笑)

 

手書きPOPの見た目のバランスを整えるには、、、

手書きPOPの外観を考えるときは、3つのステップで考えてみるとスムーズです。

まぁ、この方法以外にもやり方は色々あると思うけど、僕がお薦めするカンタンな方法です。

 

じゃあ、順にお伝えしていきます。

1.何を書くか?(項目を挙げる)

まず、手書きPOPに書く内容を考えていきます。

書く項目ですね。

例えば、

  • 商品名
  • 価格
  • 説明文
  • キャッチコピー
  • 量目(グラムとか、mlなど)

このような感じで、まず手書きPOPに書きたい項目を挙げていきます。

箇条書きでいいので、どんどん出していきましょう。

 

2.レイアウトを考える(各項目の配置)

じゃあ、次は1枚の紙を用意します。

下書きをするだけなので、どんな大きさ、どんなモノでも大丈夫です。

 

その紙に、先程挙げた項目を配置していきます。

「商品名」は、ここに書いて、、、

「価格」はこの辺りかな。

「キャッチコピー」はやっぱり1番上だよね。

みたいな感じで、大まかでOKなので白紙の上に各項目を配置していきましょう。

(「その配置が分からないんだよ…」って思われるかもしれませんが(笑)、まずはご自身なりにガンバってみましょう)

 

1つポイントを挙げるとすれば、各項目のスペースも考えてみると作業がスムーズです。

  • 「商品名」は、そんな大きく書かなくいいかな
  • 「価格」は、お客さんに知らせたいんでこれくらいスペースとってみよう、、、

とか、大体で結構ですので、各項目にとるスペースも考えてみましょう。

 

例を挙げるとたとえば、こんな感じ。

 

20150818

大まかでOKなので、まずは書きたい内容のレイアウト配置をおこなう

 

各項目の比重(スペースのとり方)は、何を売りたいか?

商品であったり、その商品を売る状況によって変わってきます。

話出すとここで書き切れないくらい長くなるので、またの機会にくわしくお伝えしますね。

3.台紙への書き込み(メッセージの落とし込み)

最後は、台紙への清書です。

2.で大まかに書いたレイアウトに沿って、台紙へ各項目を書きこんでいきます。

 

先程2.のレイアウトを決める作業で、A4サイズの紙をつかっていたとして。

実際の手書きPOPの台紙がハガキサイズだとしたら、全体的に縮小して書き込んでくださいね。

台紙サイズに合わせて、大きさを調整してみましょう。

ある程度、先にレイアウト決めておくのがコツ

手書きPOPって、パソコンでつくるのと違って、書いている途中で修正ができないんですよね。

 

「商品説明を書いていたら、最後、台紙のスペースがなくなった、、、」

「だんだん字が小さくなってしまった、、、」

書きながら、いろいろアクシデントが起きちゃう(笑)

 

なので、ある程度はじめに何を書きたいか?

レイアウトを決めておくといいです。

すると、手書きPOPの全体のバランスがとりやすくなってきます。

 

以上、読者のかたからいただきましたご質問にお答えいたしました。

また他にもご質問があれば、どんどんお寄せください。

可能な限り、こちらのブログでお答えしていきますのでね。

<ご質問はコチラ>

 

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。