キャッチコピーがなかなか思い浮かばないときにつかってみたい方法

 

今日はキャッチコピーを考えるときのヒントについてお伝えします。

特別、コピーライターのようなスキルがなくても考えられる方法です。

僕自身もよくつかっています。

 

淡路島で食べたアイスクリーム「G・エルム」さんの前で

淡路島で食べたアイスクリーム「G・エルム」さんの前で

 

キャッチコピー2つのタイプ

キャッチコピーを大まかに分けると、

  1. 「インパクトのある言葉で釘づけタイプ」
  2. 「メッセージ要約タイプ」

2つに分かれます。

 

1.を分かりやすく喩えるなら、雑誌の見出しですね。

例えば、

  • スクープ! 新国立競技場「五輪後は巨人の本拠地」マルチ計画極秘進行中
  • 総力取材! 凶悪6大事件「人殺したち」と「現地」のいま
  • プロ野球ベンチ裏トラブル発生中!
  • 2015年上半期熱愛カップル大物9組未公開の現場写真!

こんな感じ。

これらは、「FRIDAY」8/21号のタイトルの抜きだしです。

なんだかよく分からないけど、見ただけで強烈な印象を与えますよね(笑)

 

これらは強烈なインパクトを与えるメリットがある反面、デメリットもあって。。

素人が考えるのはなかなか難しい。

多くの方が憧れるんだけど、一歩間違うとものすごく胡散くさいキャッチコピーになってしまいます。

かくいう僕自身、何度もイタイ目に遭ってきました(笑)

 

でね、1.のキャッチコピーが難しい方にオススメなのが、2.の「メッセージ要約」の方法です。

やり方はカンタン。

手書きPOPにしても、チラシにしても中身をつくった後にキャッチコピーを考えるのです。

 

1.まず、メッセージを考える。

2.そのメッセージを読み返す。

  • あなた自身が一番伝えたいコト
  • ここが響くかな という所に目星をつける。

3.要約して、キャッチコピーにする。

 

ポイントは、メッセージを作り終えた後にキャッチコピーをつくること。

ここにあります。

先につくるんじゃなくて、後。

要は、メッセージの要約がキャッチコピーになっているイメージですね。

 

僕自身もキャッチコピーを考えるの得意じゃないんで、この方法をよくやっていますよ。

読み手の方もキャッチコピーを見ただけでどんな内容なのか?分かる。

ヘンに頭を捻って、時間をかけて胡散くさいのがデキあがるくらいなら、こっちを僕はおすすめします。

・・・というわけで、今日のブログのタイトルは??

(今からメッセージを読み返して、要約して付けてみます)

 

 

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。