筆文字で、どんどんハッピーな人が増えていく

 

自分がやっていて楽しいこと。

好きなことで、まわりの方に喜ばれる。

これって、デキれば最高だよね。

でも、それって意外と身近にデキるっていう話です。

 

昨日やっていた筆文字教室の様子

昨日やっていた筆文字教室の様子

 

「これ贈ったら、きっと喜ばれるよ」

昨日、地元で筆文字教室をやっていたんですね。

参加者さんは、お店や会社の方でなくって、一般の方々が対象。

チョットいつもとは違う趣向でやらせてもらっていたんです。

 

 

「ハガキ」と「メッセージカード」を筆文字で書けるようになる、

これが今回の1つの目標でした。

お友だちやお知り合い、離れて暮らしているご家族にハガキを贈る。

誕生日なんかに、お祝いのメッセージを贈る。

これを、ちょっと個性的な自分の字で書いてみよう、と。

 

でね、途中、参加者さんの皆さんが筆文字を書かれているの見て、

「これ(メッセージカード)、きっと贈った方に喜ばれるよ」

って思いました。

書かれているご本人はもちろんそうだけど、受け取られた方にも喜ばれる。

そう確信しました。

 

昨日の筆文字教室の様子~メッセージカードを書かれているところ

ご家族にメッセージカードを書かれているところ

 

 

ハッピーな人がどんどん増えていく

どうして、筆文字でメッセージを書く方と、そのメッセージを受け取られた方、

双方がハッピーになれるのか?

そこには、循環が生まれるからだと思います。

 

  1. 筆文字でメッセージを書く
  2. 誰かに渡す
  3. 受け取られた方が喜ばれる
  4. 喜ばれるのを見ると、書いた本人も嬉しい
  5. また誰かを喜ばせたくなる
  6. 筆文字を書く・・・・・

 

筆文字を書く人は、もちろん楽しい。

書くのが好きで書いてるはずだし、

「これを書いたら、誰か喜んでくれるかな?」

って思うと、余計に書くのが楽しく、気持ちがこもる。

 

っで、受け取られた方に喜んでもらえると、当然嬉しい。

(ありきたりのメッセージじゃないので、ほぼ99%の確率で受け取り手に喜ばれる)

また、書きたいと思う。

「誰か喜ばせる人はいないかな?」

「誰か贈れる人はいないかな?」

そんなプラスの思考が働きだす。

っで、書く、、、、受け取られた方は喜ばれる。

 

・・・こんなハッピーな循環が生まれることになる。

身近にある幸せだよね、って思いました。

 

 

「自分がやっていて楽しいこと」、

それは、意外と身近にあるのかもしれないし。

「好きなことで、まわりの方に喜ばれる」、

これも、意外と身近にカンタンに(コストもかけず)できるのじゃないかな。

初めはそんなに好きじゃないかもしれなくても、まわりの方に喜ばれ続けていくと、自然と好きになっていく。

そういう事って、往々にありますからね。

昨日、筆文字を書かれる参加者さんを見ながら思ってました。

 

<参加者さんのご感想を一部、ご紹介>

20150617

とても楽しく出来、時間がたつのが早かったです。

先生のアドバイスやほめていただき、さらに楽しく字が書けました。

これからも続けていき、友だちにプレゼントしてみようと思います。

ありがとうございました^^(女性)

 

2015061701

あっという間の2時間でした。

まだまだ自分の思う様には書けませんが、少しでも暇をみて練習してみようと思ってます。

気にいった字が書けるようになれば、先生にもお便りします。

それまで覚えていて下さいね!(女性)

 

 

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。