「自分らしさ」は「販促物を書く(伝える)」ことで磨かれる?

 

今日のテーマは、自己実現です。

 

いきなり、自己実現?

「・・・なに、それ!?」

という感じかもしれないですが^^

今朝(さっき)散歩している時に天から降りて来たので、あなたにも共有させていただきますね。

 

20代のボクの自己実現~NZのリンゴ農園の仲間と…僕はどこにいるでしょう?

20代のボクの自己実現~ニュージーランドのリンゴ農園の仲間と…僕はどこにいるでしょう?

 

「自分らしさ」は「販促物を書く(伝える)」ことで磨かれる?

僕が思うに、販促物を書くということが、自己実現につながると思っているんですね。

 

・・・ちなみに、自己実現ってなに?

という感もあったので、調べて(Google先生に聞いて)みました。

Wikipediaによると、、、

人が自己の内に潜在している可能性を最大限に開発し実現して生きることとして概念化、、、、(後略)

という感じで書かれていました。(詳しくはコチラをご覧ください)

 

まぁ、ちょっと難しい感じなのですが、僕の中では、「自己実現」=「自分らしさを磨くこと」、

こんな図式がデキているんですね。

 

自分らしさに気づき、磨いていくことで、自分のやっているコトに自信も持てる。

そして、自信を持てると、継続できる。

継続できれば、突きつめられる(深堀りできる)。

その結果、自分の可能性を最大限活かすことにつながってくるんじゃないか?と。

 

「自分のやっているコト」=「仕事」と考えると。

自分の仕事に自信を持って継続できると、それこそ上達できる。

そして、周りからも認められる。

どんどん成長できると思うんです。

 

っで、その自分らしさを磨くことに、販促物が大いに役に立つ、

その話です、今日は。

(僕の言っていることが??でも、話を進めさせていただきマス)

「●●らしい」が成果を生みやすい

普段から僕は、販促物に必要なことは、”あなた”をいかに出せるか?

という話をしています。

  • どうして、その商品を扱おうと思ったのか?
  • どうして、その商品が好きなのか?
  • どうして、その仕事をしようと思ったのか? ・・・etc

 

これらのことを伝えることで、「あなたらしさ」が出るよ。

そして、たとえ他店と同じ商品を扱っていても、そこに、”あなたらしさ”を出した伝え方をすることで振り向いてもらえる。

お客さんから選ばれやすくなりますよ、という話をしています。

 

ただ、多くの場合、この「らしさ」の部分を出すのに苦労するんですね。

 

臼井さんは、”あなた”を出せとおっしゃいますが、そこが難しいんです。

私には、自分のこと分からないんです。

 

セミナーなどをやっていても、どうしても、こうなってしまう参加者さんがいらっしゃいます。

だけどね、ここを突き詰めていく。

販促物を書くにしても、手書きPOPを書くにしても、ここをなんとか達成していく。

そうすると、日々の仕事がさらに輝いてきます。

楽しくて仕方がなくなります。

伝え続けていると、共鳴してくれる方たちが現われる

 

例えば、手書きPOPに書かれたメッセージ、

そこに「あなたらしさ」が出ている、もしくは「あなたにしか書けない」内容になっているとする。

すると、あなたが書いた(あなたの想いを伝えた)文章に反応してくれるお客さんが現われる。

そのメッセージに共感したお客さんが喜んでくれる。

 

その方々というのは、まさしく、あなたという”人”に共鳴してくれた人達です。

商品やサービスを気に入ったというのもあるんだろうけど、どちらかと言うと、あなたという人柄に惚れたお客さんたち。

あなたのファンと言えると思います。

 

 

「あなたらしさ」を出した発信をして(販促物を書いて)いると、そこに共感する方々が現われる。

そして、そこに共鳴する人達が、集まってきてくれるようになる。

共感しない方は、来なくなる。

当然、あなたとしても仕事が楽しくなってくる。

だって、あなたの思いに共感してくれた人たちが集まって来ているんだもん。

価値観の近い方たちと一緒に仕事ができるのだから。

そんな楽しい、輝やかしいことはないと思う。

 

 

「自己実現」=「自分らしさを磨くこと」、

 

  • どうして、その商品を扱おうと思ったのか?
  • どうして、その商品が好きなのか?
  • どうして、その仕事をしようと思ったのか? ・・・etc

 

常に意識しながら伝え続けていく。

 

すると、だんだん自分らしさみたいなモノが形づくられる。

次第に、そこに共鳴する方が少しずつ現われて、自分のやっているコトに自信も持ててくる。

自信を持てると、継続できる。

継続できれば、突きつめられる(深堀りできる)。

その結果、自分の可能性を最大限活かすことにつながってくる。

僕は、そう信じています。

 

っと、まぁ、今日はかなり入り込んだ話になっちゃいましたが(笑)

大丈夫だったでしょうか?

今日も、ステキな1日をお過ごしくださいね。

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。