簡単に幸せになれる『幸福度』を決める4つの要素とは

「月曜日に会社へ行きたいですか?」

というアンケートをとると
9割の社員が、

「会社に行きたくてたまらない!」

と回答した会社があるそうです。

サラリーマンを経験されていれば、
このアンケート結果が、

いかに『異常』なのか?

ご理解いただけると思うのです。

個人的な経験で言えば、
月曜日に会社へ行きたくてたまらない!

なんて事は100%ありませんでした。

というかその真逆で、
「サザエさん症候群」というのか、

日曜日の夕方、サザエさんが
テレビで始まるころになると、

「あー、明日仕事や、、、」

心臓がバクバクしていたのを
今でも覚えています。

(大げさじゃなくリアルです)

そんな仕事恐怖症だった
20代の自分が当時知りたかったな
という話を聞きました。

「人の幸福度は簡単に高められる」

人間が幸せを感じるには、
ある4つの要素を満たせばいい
という方がいます。

慶応義塾大学院の教授である
前野隆司さんという方です。

前野さんいわく、
私たちの幸福度は以下4つの要素で
簡単に高められると言います。


1:「やってみよう」

人生や日々に大きな目標を持ち、
実現するための自分の強みを
分かっている。

また強みを生かすために
成長しようとする。


2:「ありがとう!」

人に感謝して、誰かを喜ばせたい
という気持ちが強く様々な人と
交流を持つ。


3:「なんとかなる!」

自己実現や成長、他社とのつながりを
育む場合には、前向きで楽観的に
チャレンジする。


4:「ありのままに!」

周りの目を気にせず、
自分らしく生きる。

以上、4つの要素を満たすことが
幸せへの道だとおっしゃっています。

うーん、なんだか
当たり前の話にも聞こえます。

ただ個人的に当てはめると、

セミナーをしているときは
何もかも忘れて没頭できる
フローの状態に入れます。

超快感です。

自分の強みや個性を発揮した
状態なのかもしれません。

あと逆に目標に向かって
強みを発揮しているか?

という点では弱い気がします。

「縛られたくない」

みたいな意識があって日頃から
目標を立てる意識が強くありません。

もう少し工夫ができるな、
なんて思ったりしています。

まぁいずれにしても、
この4つの幸せの法則をみて
感じたことがあります。

『個性を発揮し、
自分のやりがいを見つけ
それが収益になる』

こんなビジネスや仕事をできれば
否が応でも幸せを実感できる。

そう思っています。

一部の会員さんと
『コンサル起業』という取り組みを
おこなっています。

今のお仕事やご商売を生かして
コンサルタントになる
という取り組みです。

自分の強みや個性を発揮して
相手の方に喜んでもらう。

相手の方に喜んでもらえることで
自分のやりがいになる。

さらにそれを収益にすることを
実現するために取り組んでいます。

どんなご商売や仕事も
当てはまるのかもしれませんが、

コンサル起業、

幸福度を高める、
理想的な1つの道じゃないかな

と思っています。

1:やってみよう!
2:ありがとう!
3:何とかなる!
4:ありのままに!

4つの幸せの要素を
あなたのお仕事やご商売に
取り入れることはできそうですか?

商品やサービスを通じて
この4つを提供できれば、
きっとお客さまにも幸せを感じていただける。

必然的に選ばれるお店や会社に
近づくのではないかと思っています。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。