第一印象を決める「手書きチラシ」基本ワザ‏

 

2015年最初の【手書きPOPチャンネル】の放送です。

今回のテーマは、手書きチラシです。

 

僕のまわりでも手書きPOPと併用して、手書きチラシを導入されるお店。

すごく増えています。

ただ、せっかく手書きチラシを作るなら、目に留まるモノ。

お客さんに読まれるモノをつくりたい。

そう思いますよね。

 

そこで、注目したいのが、「手書き」です。

 

今日の放送の中では、

 

 ・ココだけは手書きにしたい2つのPOINT

・●●●●●●●を手書きにすると目に留まりやすく

・自己紹介は手書きにした方がイイ理由

・説得力を増すには、オススメ●●は手書きにすべき

・従来の印字チラシでも、ココを変えれば反響が変わる

 

これらについて、ご覧いただけます。

 

手書きチラシだけでなく、ニュースレターなどにも活用できる手書き販促基本ワザです。

 

手書きPOPチャンネル第8話~第一印象を決める「手書きチラシ」基本ワザ‏

 

 

 

 

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。