手書きPOPにイラストは必要なのか?

 

セミナーをしていると、参加者の方からたまに聞かれることがあります。

 

「POPを実践しているのですが、イラストをうまく書けなくて、、、」

って。

 

・・・あなたは、これを聞いてどう思います?

 

 

今朝の朝陽・・・というか、ずいぶん昇ってるけれど。キレイですね

今朝の朝陽・・・というか、ずいぶん昇ってるけれど。エネルギーいっぱいっていう感じ

 

 

「POPを見てもらうコト」と「POPを見て行動を起こしてもらうこと」は大きく違う

手書きPOPというと、

・キレイな字、もしくは味のある字

・カラフルな色づかい

・可愛いいイラスト

 

このような要素が必要なのかな?

と抱かれているのかもしれませんね。

 

 

ただね、先に結論を言ってしまうと、イラストがなくても大丈夫です。

 

「文章を書いても読まれないからね。

 やっぱり写真やイラストの方が一発で見たら分かるしね。」

 

って、言われることも非常に多いです。

 

文字はデキる限り少なく。

●●文字までで!

そのようなことをおっしゃっている専門家の方もいます。

・・・僕はたまにそれを聞いて、現場を知らないんじゃないか?

そう思うときがある。

 

確かに、読み手になるべく負担なく伝える工夫は必要ですよ。

ただね、多くの方が過ちを犯してしまう。

「POPを見てもらうコト」と、「POPを見て行動を起こしてもらうこと」

ココは、大きく違うのです。

まったく別のアプローチが必要となってきます。

 

単にPOPに目を留めてもらう。

それだけでよければ、何でもいいので写真やイラストを大きくPOPに貼ってみる。

それだけで、お客さんの目は留まりやすくなります。

たとえ商品に興味はなくても、とりあえずPOPは見てくれます。

 

だけど、それではお客さんは行動を起こしてはくれないです。

問題なのは、POPを読んでその商品やサービスを購入してもらうことにあるのだから。

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。