手書きPOPを始める時に、まず知っておきたいコト

 

「これから手書きPOPを始めたい」

「本格的に手書きPOPに力を入れていこうと思ってる」

そんな方にぜひ、意識していただきたいこと。

 

それは、POPを書く商品の選びかた。

ココなんです。

 

 

・・・僕がよく言っている

「お店中の商品にPOPを書きまくりましょう」

という話と少し矛盾したように聞こえるかもしれないんだけど、

 

「どの商品にPOPを書くか?」

商品の選び方、順番って、重要です。

 

これから手書きPOPに力を入れていきたいと思っている方は、特にです。

 

疑いの目でPOPを見られてる!?

もしも、あなたがこれから手書きPOPを始めようと思っている。

もしくは、今やっているけど成果がイマイチ。

これから本格的に力を入れてやっていこう、そう考えられているのなら、、、。

 

初めにPOPを書く商品。

ココに注意をはらって、考えてみましょうね。

 

 

・・・というのもね、

お客さんっていうのは、キホンお店っていうのは、商品をオススメする側の人。

商品をどんどん売りたいと思っている。

 

だから、身構えている。

 

お店に貼られた販促物とかを見ても、

 

「どうせ、売るためでしょう、、、?」
「販促物に書いてあるコトって、商品を売るためのモノでしょう」

的な目で視ているケース多いです。

(・・・そう思っている僕が、性格曲がってる!?(笑))

 

 

まぁ、多かれ少なかれ、、、はあると思いますが、的外れていないと思います。

 

POPにしても、半分信じられているようで、信じられていない。

疑いの目で読まれているわけです。

 

(もちろん、お客さんとの関係性をどこまでつくれているか?

 ココも影響するんだけど、その話はここでは割愛です)

 

 

なので、仮にあなたが書いたPOPを読んで、

「この商品を買ってみようかな」

と思って、購入してくれた人がいたとして。

 

もしもですよ(ないとは思いますが)、その商品に満足しなかった場合、、、

 

「いやぁ、これダメじゃん。

 あそこ(POP)にイイって、書いてあったから買ったのに、、、

 イヤァ、、、あれウソじゃん」

 

みたいになったら、最悪ですよね。

 

二度とお店にも来てくれなくなるかもしれない。

POPを信頼されないどころか、、、ね。

 

 

ここで、

「・・・だったら、POPを書いてオススメするの止めよう」

って、なるのは話以前なんだけど。

 

POPを読んだお客さんに、

「ここに書いてあるコト、嘘じゃん」

って、思われないようにするには、どうしたら?

 

じゃっかん、疑いの目でPOPを読んでいるお客さんに、あなたが書いた手書きPOPを信頼してもらうには?

・・・どうすれば?

 

 

今朝の一コマ~なんか飛んでたけど

今朝の一コマ~なんか飛んでたけど

 

 

 

POPを始めるときに、まず知っておきたいコト

手書きPOPを書く商品の選びかた。

POPを書いていく商品の順番が、肝心なのです。

 

初めてPOPを読んでくれたお客さんに、

「POPを読んで良かった」

そう思ってもらう。

「また、ココのお店のPOPを読んでみよう」

そういう風に思ってもらう。

 

そのためには、どうしたら?

 

この視点で、手書きPOPを書く商品を選んでいくのです。

・・・そうしないと、さっき言ったような

「コレ、うそじゃん」

の最悪のパターンにはまりかねないから。

 

 

どんな商品の選び方。

順番で書けばイイのか?

もしまだ、このあたりを意識していなければ、これからチョット気にしてPOPを書いてみましょうね。

 

今後、手書きPOPで成果を上げる分かれ道にもなってきますからね。

 

 

「・・・商品の選び方次第で、今後のPOPの売れ行きが変わる!?」

今日お伝えした、手書きPOPの基本的な知恵。 

・今後、POPで成果を上げていきたい
・今POPをやっているけど、イマイチ成果が上がっていない。
・もう一度、手書きPOPの基本を学びたい

 

そんな方へ向けた、「手書きPOPの書き方入門セミナー」が来週あります。

「手書きPOPの書き方入門セミナー」11/30(日)大阪

 

※今年(自主)開催する最後のセミナーです。

今からだったら、年末の売り出しに手書きPOPが間に合うかもしれないですね。

 

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。