手書きPOPで成果を上げるのに踏むべき5つのステップ(+アルファ)

 

POPを書く時に、踏んでいけば良いステップみたいなのはないか?

「この順に考えていくと、手書きPOPがデキあがるよ」みたいなステップ。

そんなのがあれば便利だと思い、少し考えてみました。

 

 

昨晩観た映画~ただ、時間が足りなくて途中でストップ中

昨晩観た映画~借りてきたDVDの3枚目、3夜連続(笑)~Amazon.co.jpより

 

 

 

手書きPOPで成果を上げるのに踏むべき5つのステップ(+αアルファ)

手書きPOPを書いていく時に、1つの目安にしてもらいたい。

そんなPOPの書くステップをつくってみました。

大まかにいうと、こんな感じです。

 

●Step0.商品を決める

●Step1.フォーマット(台紙)を決める

●Step2.内容を決める

●Step3.レイアウトを決める

●Step4.ペンを決める

●Step5.設置場所を決める

 

これら5つ+1を順にステップを踏んでいく。

1つずつ上記に書いたステップごとに●●を決めていくと、手書きPOPがデキあがります。

そして、スムーズにデキあがりやすい。

 

簡単にステップごとにお伝えしていくと、、、こんな感じです。

 

Step0.商品を決める
      POPを書く商品の選び方次第で、その後POPから得られる成果が大きくも小さくもなる、
     それって、ご存知ですか?
      もしも間違った選び方をしてしまうと、今後2度とあなたのPOPは読まれなくなる、、、
               そんな危険だってあるのです。
 
Step1.フォーマット(台紙)を決める
      意外とここに注力するお店って、少ないです。
               だけど、お店のウリをつくり、口コミ紹介やリピート率を高める上で外せない重要な部分。 
 
Step2.内容を決める
      お客さんに響き、心を動かすメッセージにはある”共通点”が存在します。
     言ってみれば、それはチラシやDM、ニュースレターなど販促物すべてに共通で。
     ブログやFacebookなどの発信においても、お客さんの心を捉える内容になってきます。
 
Step3.レイアウトを決める     
     あなたのお店には、あなたのお店に合ったPOPレイアウトがあります。
     お店の強み(個性)に合うレイアウトを使い分ける。
     そうすることで、POPから得られる成果は劇的に変わります。
     ココを意識しているお店はまだまだ少ないです。
 
Step4.ペンを決める
     字のうまいヘタっていうのは、POPの成果に関係ありません。 
     ただ、納得できる字を書くと、POPへの愛着にもつながってきます。
     「いっぱいPOPを書いてやろう!」っていうモチベーションにも影響します。
 
Step5.設置場所を決める
      せっかく書いたPOPも置く場所次第で売上は変わります。
      売場や店前看板とうまく連動させることで、得られる成果って変わるんです。
 

 

 

これらのステップって、基本的なことなので意外と軽視されがちなんだけど。

でも、重要で。

言ってみれば、手書きPOPの基礎の部分。

ココがしっかりしてこそ、キャッチコピーなどテクニック的なことも活きてきます。

 

先月10月に東京で行ったセミナーでもここをお伝えしました。

好評でした。(←ボクが自分で言いますが(笑))

 

 

これら6つのステップを1つずつチェックしていくことで、抜けがなくなってきます。

もしも、今手書きPOPで成果が上がっていないとしたら、このステップの中のどこなんだろう?

どこが原因になっているんだろう?

って、チェックしていけばイイ。

 

そんなステップになってきます。

 

          

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。