POPを実践しなきゃ損な理由

POPって、販促物の中でも反響の分かりやすい、感じやすい媒体です。

しかも、実践するのにかかるコストは、ほぼゼロ円。
紙とペンさえあれば、できますからね。
実践しなきゃ、損な媒体です。

っで、以前(この春に)、手書き販促を学ばれている会員さんから、1通のメールをいただいたんですね。

昨年の同時期は、40個しか売れていなかった苺大福がPOPをつけることで
「2時間で100個完売した」
っていう、嬉しいご報告でした。

どうやって…?という感じでしょ?(笑)
今日は、そのいただいたメッセージをご紹介いたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「お久しぶりです。
 お彼岸のピークを無事に乗り越えることが出来ました。
 
 うれしいご報告があります。
 3/16.17.19.20は昨年より売上よかったんです。
 19は40万 20は50万(どちらも前年のプラス5万目標)を目標にして
 達成出来ました。
 
 苺大福は注文数より減らした数(苺の在庫に限りがありそうで)で
 入荷したのですが、全部完売出来ました。
 
 17日 60こ 18日 60こ 19日80こ 20日 100こ 
 
 特に昨日の苺大福は100こが2時間で完売したんです。
 目標は180こにしてたのでもっと売れたんだろうなと思いました。
 
 お彼岸のPOP書いたの写メし忘れたので後で送りますね。
 
 毎日疲れましたが頑張ってよかったです(^_^)
 POPのお陰な気がしてならないので、またがんばろうと思います。
 また連絡します。よろしくお願いいたします」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ↑ここまで↑

和洋菓子店で働かている方なんですけどね。
 前年の同じ時期のいちご大福の売れ数は、40個。
それが、POPを書いたことで一気に、100個!

しかも、2時間で!!

結構、すごいですよね。

あと、ここ最近の動きとして、
「お客さんの方からPOPを褒めてもらえることが多かった」
とも、おっしゃっられていたんですね。
「・・・ずっとPOPを見ていたいなぁ」とか「見ていると楽しくなる」など。

お客さんからそんなこと言われると嬉しいですよね。
 っで、嬉しいからまた書きたくなる。
 書くと、商品が売れる。
 そして、また書く…。

POPは、販促物の中でも反響を感じやすい媒体です。
 なので、実践しなきゃ損だなぁ、って思います。
 コストかかんないから、リスクはないですもんね。

というわけで、ぜひ、POPを通じてお客さんとコミュニケーションをとっていきましょう。
お客さんに褒められたりしたら、嬉しくてPOP止めれなくなっちゃいますよ(笑)

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です