販促物づくりが随分スムーズになる方法

 

手書きPOP、ニュースレターなど、、、

販促物をつくりやすくするコツは、コーナー化。

 

「どんなコトを書くのか?」

先にコーナー化しちゃうんです。

 

そうすると、販促物をつくるのがすごく楽になりますよ。

僕、クライアントさんの所へいったら、だいたいいつもやっています。

 

 

昨日もね、

「ニュースレターをつくりたい」っていう方と話をしていたんですよ。

 

っでね、いろいろ話しながら、結局行き着いたのは、

「まず先に、コーナーを決めた方がいいよ」

っていうところでした。

 

 

手書きPOPでも、ニュースレターでも、、、チラシでもいいんだけど。

販促物で悩む1番のポイントは何か?

 

っていうと、、、「何を書いたらいいんだろう?」

っていう部分だと思うんです。

 

 

・・・手書きPOPをやろう!って、決めた。

・・・ニュースレターをこれから発行していこう!

そう決めた。

 

さぁ、何から書けば・・・いいんだ!?みたいなネ。

 

なので、先にどんなコトを書くのか?

テーマを決めておくんです、いくつかね。

 

 

DSC_1229

天体望遠鏡から観た月~かなり感動!~買ってしばらく放りっぱなしだった望遠鏡がようやく活躍

 

  

 販促物づくりをスムーズに進めるためには、3つのステップがあります。

  

販促物づくりをスムーズにする3つのステップ
 
①箇条書きでもイイんで、書くテーマを決める
②テーマを3~4つ決めたら、紙面に割り振りをする

③各テーマ(①で決めた)ごとに、実際に何を書くのか?書きだす。

 

大まかにいうと、この3つの流れ。

 

 

①箇条書きでもイイんで、書くテーマを決める

 

実際にどんなネタを書くか?まで、ここでは細かく考える必要は、ないです。

 

とりあえず、どんなテーマを書くのか?

「ここでは毎回、僕の近況を書いていこう」

「商品の作り手さんのコトを伝えていこう」

そんな感じで、ざっくり書くテーマを決める。

 

 

②テーマを3~4つ決めたら、紙面に割り振りをする

 

どこに、何を書くのか?

どの順番で伝えていくのが、読みやすいか?伝わりやすいか?

見た感じのバランスはとれているか?

読んでみた時に、流れがスムーズか?

 

そんな感じで、①で決めたテーマを紙面上に割り振っていきます。

 

 

③各テーマ(①で決めた)ごとに、実際に何を書くのか?

 書きだす

 

ここからが実際にどんなメッセージを書くのか?

考えていく作業です。

 

ココ(③)のPOINTは、第三者を交えること。

誰か同僚でも、奥さんでもイイんで、やりとりをしてみる。

 

・・・ちなみに僕は、クライアントさんのところでは、よく3人くらいで話をしてます。

クライアントさん、僕、そしてもう1人の方を交えて、3人でざっくばらんな感じで話をね。

 

 

・・・例えばですよ、

ニュースレターの中で近況を伝えるコーナーを決める時には、

 

「・・・●●さんは、最近何かハマっていることとかあるんですか?」

「・・・よく●●されていらっしゃるみたいだけど、今でもされてるんですか?」

とか言いながら、ラフな感じでやりとりしてます。

 

するとね、相手の方から返ってくる応えで、響くものが出てきたりするんですよ。

 

「おぉー、それイイじゃないですか。

 ものすごく響きましたよー、オモシロいですねー。

 それ、書いて伝えましょうよ、お客さんにも。」みたいな感じでね。

 

そんな時間をとって、第三者とやりとりをします。

 

POINTは、ココでは、メッセージの大枠だけを決めるっていうこと。

細部まで決めようとしない。

どんなネタでいこうか?っていう部分だけ決める。

そして、後からメッセージに落とし込む感じ。

 

 

以上、大まかに言うと、この3つの流れです。

 

この3つの流れは、どの販促物にも基本、当てはまります。

手書きPOPでもそうだし、ニュースレターでも、チラシでもね。

 

・・・販促物っていうと、どんな文章を書こう?

とか、いきなり中身を考えて構えてしまうこと多いです。

っで、前へ進めなくなってしまう。

 

そんな時は、まずは、コーナー化ね。

大まかでいいんで、書くテーマを決める。

そうすることで、販促物づくりが随分スムーズになってくる思いますよ。

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。