「販促法」が変わる…これをやればね

今日は、一度でイイので試してみてもらいたいこと。

やってみると、販促のやり方がかなり変わる、

そんな話です。


…ちょっとイメージしてくださいね。

あなたがどこかのお店へ買い物に行ったとします。

 

お店の前に着くでしょう。

そこで、何でもいいんで商品を1つ連想します。

 

そのお店で売っている商品を1つ。

 

・・・決めました?

 

では、その決めた商品があるでしょう。

その商品が売られている売場、そこへ行きたくなるには何が必要か?

そこを考えてみるんです。

 

例えば、「おーい、お茶緑茶」という商品を連想したとして。

 

駐車場に車をとめて、お店の入り口にやって来た。

自動ドアの前。

 

…そこで、一体どんなモノがあれば、あなたは、

「おーいお茶、気になるなぁ」

って、興味を持つでしょう。

 

では、次、グィーンと自動ドアが開いて入店しました。

そこで、

「何があれば、緑茶の売場へ行きたくなる?」

「どんな販促物が見れば?」

「何が書かれていたら?」

考えてみてください。

 

さらに次へいきます。

 

あなたは、お店入り口入ったところスグに置いてある、買い物カゴを取ろうとします。

 

「そこで、何をされるとお茶が欲しくなる?」

「…カゴの中にPOPがあれば、緑茶が欲しくなりますか?」



こんな風にして、購入までの導線一つひとつをたどる。

その導線ごとに、お客さんにして欲しい行動を考える。

そして、

「その行動をしてもらうためには、

 どうすれば良いか?」

 

を考えて、何かを仕掛けをつくるんです。

販促物でもいいし、接客でもいいし。

 

そして、最終的に、商品(ココなら、おーいお茶ね)を購入してもらう。

そのゴールを目掛けてシナリオを作ってみるんです。

 

成果が上がらない時って、多くの場合、何をしたらイイんだろう?

って、大括りで考えてしまっている。

そんなことが多い。

なので、まずはお客さんの行動をステップごとに分解。

そして、

「そのステップごとに何をすればいいのか?」

考えていく。

 

すると、やるべきコトが明確になってきます。

 

「このお茶を100本売りたいんだぁ!」

って、漠然と目標を立てるより、ずっと効果が上がりますよ。

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。