これが、売れる手書きPOPのコツ

3月に東京で手書きPOPセミナーを開催した際に、
受講者のお一人から、下記のようなご感想を頂きました。

POPはともすれば、テクニックや経験値でと思いがちだが
改めて、マインドの大切さを実感しました。

(※ご感想の一部を抜粋しています)

POPっていうと、字の書き方や言葉づかい。
ここに着目されることが多いです。

確かにそれって、欠かす事のできない部分です。

特徴的な字が書けると、目に留まりやすい。
強烈なキャッチコピーがあると、お客さまの目も留まりやすい。

しかし、それが全てか?

っていうと、決してそうじゃありません。

  • 字の書き方
  • コピー

確かにここもポイントです。

ただ、何ていうのかな、

POPって、もっと身近なものです。

例えば、普段あなたがお客さまとお話しをする時に、

  • 話し方の体裁であったり
  • インパクトのある言葉づかい

こんな所を意識して話されていますか?

きっと、そうじゃありませんよね。

それよりもっと他の
例えば、お客さまが話しやすくなるように共感してあげたり。
お客さまの話したそうな話題を振ってあげたり。

お客さまが気持ちよく話せるように、頷く回数を増やしたり…
そんな所に注力されていると思うんです。

これがコミュニケーションですよね。

POPも同じです。

お客さまがこちらに話しかけやすくなる。
お店に対しての心理的なハードルを下げてあげる。
お客さまとの会話のキッカケをつくる。

それが、手書きPOPの役割です。

お客さまは、会話が弾んだり、
POPを読んでお店側のスタンスを感じることで、安心するのです。

「このお店で買っても大丈夫だ」
「この兄ちゃんなら、話を信じても大丈夫だ」って。

その結果として、商品を購入して下さいます。

お客さまがPOPを読んで…、
お店の人間と話をして…、
安心できるかどうか?

究極を言えば、ここがカギです。

POPはともすれば、テクニックや経験値と思われがちですが、
そんなに難しく考えなくて良いんです。

根本を突き詰めれば、コミュニケーションです。

普段、あなたがお客さまと話をされているのと同じです。
その話をちょっとしたコツを使ってPOPに反映できれば、
あなたの望む結果は得られます。

売れるPOPが書けるんです。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。