A看板(ブラックボード)を書く際の2つの注意点

手書きPOPとA看板(ブラックボード)。
実は、かなり相性が良いです。
この2つをうまく活用できると、効果は何倍にも膨れ上がります。
1枚の手書きPOPの効果が、2倍にも3倍にも倍増。
1枚のA看板が挙げる結果が、3倍、4倍に増加します。

例えば、イメージはこんな感じです。
店頭に設置したA看板で、歩行者の注意を引く。
お客さまに入店していただきます。

つづいて、ここからバトンタッチ。
手書きPOPの出番です。
入店してもらったお客さまに、手書きPOPを読んでもらいます。
あなたのおすすめ商品を積極果敢にアピールします。
そして、販売につなげます。

ものすごくシンプルに言うと、

  • 【A看板(ブラックボード)】:歩行者の注意を引く⇒入店
  • 【手書きPOP】:来店者へ商品のおすすめ⇒購買

こんなイメージです。

こんな風にサラッと話しましたが、実際のところ…
現実は、そう甘くないですよね?
「臼井が言うほど、簡単に結果は上がらないって」
あなたも思われたかも知れません。

そもそも、

A看板って言うけど、何を書けば?

となられているかもしれません。

僕のまわりでも、A看板をビジネスに使われている方は多いです。
しかし現実は、なかなか結果につながらない。
何を書けばいいのか分からない…
そうおっしゃられる方が多いです。

そこで今日は、A看板について。
A看板を書く時に、
「どんな事を注意してメッセージを書けばいいのか?」
お伝えします。

実際のA看板の事例をご紹介しながら、お話しします。
「どんな内容なのか?」
具体的にご覧になられたいと思います。
なので、分かりやすく動画でお伝えします。

酒屋さんのA看板(ブラックボード)をご紹介しながら、
「こんな風に書いて、活用されているよ」
というメッセージもご覧になれます。

そして、実際あなたが使うときに、どんな事を注意すればいいのか?
2つのポイントをお伝えしています。

これを視れば、少なくともここを意識してA看板を書けばいいんだ、
という基本ポイントがつかめるんじゃないでしょうか。
この2つのポイントを意識してメッセージを書くだけで、結果は違ってきます。

4分ちょっとの短い動画です。
A看板、ブラックボードを活用されているのであれば、一度ご覧ください。

では、こちらがその動画です。

歩行者が立ち止まって見るブラックボード 

A看板(ブラックボード)を書くときに注意したい2つのポイントは何か?
ここを意識しながら、ご覧になると気づきが多くりなります。

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。