POPが来店理由になる話

選ばれるお店になるための
究極の差別化法。

臼井です、

今回お伝えするのは
POPを使った差別化法です。

POPが来店理由になった話です。

実際の【事例】を交えて
こちらの動画でご紹介しています:

繰り返しですが、

お客さまに来てもらう、
サービスを利用してもらうためには

選ばれる『理由』が必要です。

理由がなければ
誰も利用してくれませんよね。

あなたが結婚されていれば
奥さん(旦那さん)の中に
他の人には感じない何か理由があった。

だから一緒になられた
のだと思います。

※過去を振り返り自問自答してください(笑)

ネットにせよ、
リアルにせよ、
何か買い物をするとき、

お子さんの体調が悪くなって
病院に診てもらうとき…

私たちは選択をしています。

その際、選択のカギを握るのが
『理由』です。

前回もお話ししたように
【あなたのお店】=【○○】
という代名詞があれば、

どこかで、誰かに
選ばれる可能性は生まれます。

しかし、

【あなたのお店】=【○○】

の○○が無い場合。

これが1番最悪です。

選ばれようがないですよね。

これだけ世の中に商品やサービスが
溢れている今、お客さまはどこででも
サービスを受けられます。

選択肢は山ほどあるわけです。

そんな中、
お客さまのアンテナに引っかかる
【○○】がなければ選ばれようがない。

「ただ家から近いから何となく…」

という理由では、
いずれお客さまは去っていくと思います。

新しいお店、
もっと魅力的なお店が出来れば
そっちへ流出。

徐々に売上が停滞…

よくある最悪なパターンですよね。

【あなたのお店】=【○○】という
代名詞をつくって差別化を図る。

代名詞が見つからなければ
創ることも可能です。

例えば、

今一緒に学んでくださる
販促物だって、あなたのお店の
代名詞になり得ます。

茨城県で和洋菓子を販売される
あるお店さん。

女性店長さんが頑張って
お店中に手書きPOPを設置されました。

至るところに手書きPOP、です。

すると、何人ものお客さまから

「このPOPを読むのが楽しみで
お店に来てるのよ」

言って頂けるようになりました。

【POPの面白いお店】

これも立派な代名詞になり得ます。

ただ商品を販売するだけでなく
ワクワク感を提供できています。

また建物解体業の会社さんでは
一緒にニュースレターをつくりました。

「解体業…というと
イメージが良くないから」

社長さんのひと言がキッカケでした。

毎月、発行され続けました。

どんな反応が起きたか?

「わざわざ、このようなお便りを出される」

「こんな所まで気を利かせる会社なんだ」

「きっと安心して作業を任せられるだろう」

本業へのイメージアップに
直結しました。

どんな事でも選ばれる理由、
あなたのお店の代名詞になり得ます。

商品から少し離れたところで
代名詞(選ばれる理由)をつくることが
1つの突破口。

【商品(サービス)】+【○○】

せっかく販促物を学ばれているのなら
1点集中、特化する。

「あのお店に行きたいんだ」

わざわざ来店してもらえる
大きな理由になると思っています。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。