まず、ここだけは意識したい「台紙」に関する3つのチェック項目とは?

手書きPOPセミナー大阪

先日あるお店で研修をしていると、こんな質問をいただきました。

POPの台紙に関して、何か注意することはありますか?

売場に関する話をしたあと、POPの説明をしていたんです。
すると、役員の方から上記の質問をいただきました。

要は、手書きPOPの研修を受けた。
とりあえずは、POPを書けるようになった。
じゃあ、次は書いたPOPを売場に貼るときに、何か気をつけた方がいいことってあるの?

という現場において感じる、率直な疑問です。

もし仮に、現在あなたが手書きPOPを活用されているとして。
台紙に何か意識を払われていること、何かありますか?

まず、ここだけは意識したいPOPの「台紙」チェック項目

POPといと、多くの場合、書くメッセージで悩まれる。
そういう方が多いです。

もちろん、売れる?売れない?
に最も大きな影響を及ぼすのが、メッセージなのですが。
今日お話しする「台紙」も重要度の高いポイントだったりします。

売れるメッセージをマスターするのには、一定の時間がかかります。
ノウハウと経験が必要です。
しかし、台紙はそんな事はありません。
今日この記事を読んだら、すぐに売場で実践できます。
もちろん、コストもかけずにです。

じゃあ、POPの台紙に関して、どんな事を気をつければ良いのか?
3つのチェックポイントを挙げておきます。

1.サイズ

まず、1つ目のチェック項目は、台紙の大きさです。

あなたが書かれたPOP。
売場に並べたときに、そのサイズに「統一感」はとれているか?
ぜひ、チェックしてみましょう。

手書きPOPのメリットは、コストをかけずにできること。
なのですが、それがかえって逆効果になるのです。

例えば、とりあえず身の回りにある紙をつかう。
お店にあった色画用紙にPOPを書く。
とにかくメッセージに意識がいく。

…その結果、出来あがってPOPを売場に並べたときに、そのサイズがばらばら。
統一感なし。
結構よくあるケースです。

販売商品にも、

  • 定番商品
  • 重点推奨商品
  • 季節商品…など

いろいろとあると思うのですが、その商品のタイプによってPOPの大きさを揃える。
少なくとも意識しておきたいです。

2.色

つづいては、POPの色です。

ここは何となくあなたもイメージ付くと思います。
先ほどはサイズの統一化の話をしました。
そう、次は色の統一です。

  • 台紙
  • キャッチコピー
  • メッセージ…など

手書きPOPにも、色々と構成要素があります。
それらの要素の色に統一感を出す。
当たり前のようですが、意外と出来てなかったりします。

たとえば、

  • POPのキャッチコピーは、赤色
  • メッセージは黒
  • 台紙は、白に黒を重ねる

という感じでルールをつくっておくのです。

3.配置場所

最後は、POPの置く場所です。

POPができた。
「さぁ、売場に並べるぞ」
となった時に、ぜひ意識してもらいたいのが、

どこにPOPを配置するか?です。

チェックポイント1.2.で統一感の話をしました。
この「配置場所」も同様です。
ただ闇雲に、POPを置きまくる、、のではなく。
ある一定のルールを決めるのです。

POPを置く位置は、

  • 商品の右側
  • 商品の右斜め後ろ
  • 陳列棚の商品の前に貼りつける…など

お店での決まりをつくるのです。

「そんなん、どこに貼っても良いやん」
「いちいち考えてたら、時間がもったいないで」

となりがちなんですが、配置場所にあなたの意識を1ミリでも向けるだけで売場の統一感って変わってきます。
お客さまの売場の見やすさ。
商品の選びやすさ。
お店のイメージに多大な影響を及ぼします。

…以上、

  1. サイズ
  2. 配置場所

今すぐできる手書きPOP「台紙」、3つのチェック項目についてお伝えいたしました。

今日の話いずれも、無料でできる事ばかりです。
つかうのは、ちょっとした意識と労力と時間だけ。
せっかく書いたあなたのPOPを少しでも成果につなげたいですよね。
でしたら、今日から24時間以内に実践されてみましょう。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。