社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

コミュニケーションの達人 になれる、近道の方法とは

コミュニケーションがすべて。

そんな話をよくします。

コミュニケーションが上手い方の周りには
自然と人が集まっている。

コミュニケーションが上手いお店には
お客さまが集まっている。

なぜ、人が集まるのか?

「サービス、そんなに良くないのに…」

なぜか人が集まっている。

そんなお店や人に限って
コミュニケーションが何か他と違う。

そう感じています。

あるカフェでのことです。

少し離れた席から、こんな会話が聞こえてきたんです。

年配女性客と男性店員さんの会話です。

  • お客:「これ、ちょうだい」
  • 店員:「いやー、モーニングの時間帯は終わっているんです」

そのお店は11時までがモーニングの時間帯で
会話が聞えてきたのが、11時20分すぎ。

その女性客は別の商品を注文。

それから数分後、、

女性客が頼んだ別メニューが到着。

  • お客:「わー、けっこう大きいね」
  • 店員:「そうなんです…」

その後も他愛もないやりとりが
心地よく聞こえてきました。

個人的に考えるコミュニケーションが上手い人の
特徴は、

  1. 相手が求めていることを理解し
  2. 自分なりに考えた対応ができる

この点が大きいと考えています。

好みやTPOにもよりますが
いくらマナーが優れていても
心が通ってない応対には違和感を感じます。

逆に、多少言葉足らずでも一所懸命さ
その人『らしさ』を感じる応対は心地いいものです。

コミュニケーションの本質

そういう意味でも、

「いかに自分らしさを出せるか?」

特に日本人は周囲に合わせる
文化があるので、より一層肝な気がします。

POPも同じで、

通り一遍のメッセージより
その人の存在感を感じる言葉が心に響きます。

販売や接客が苦手な方は
自己開示、らしさを出すのはハードルを感じます。

だからまず、POPで相手が喜ぶ伝え方を学ぶ。

紙で伝えて、相手の反応を見る。

コミュニケーションの喜びを知る。

POPこそコミュニケーションを学ぶ、
最適な媒体だと感じています。