POPの悩み:「字がヘタなのですが大丈夫ですか?」

「字がヘタなんで…」

「字を書くのが得意じゃないんで…」

POPセミナーを開催すると
そのうちの2割、3割の受講者さんから
いただく言葉の1つです。

字がヘタだからPOPで成果を出せない。

字をうまく書けないから
POPで商品を売ることができない。

果たして本当なのでしょうか?

POPは字が上手くないとダメ?

率直にあなたはどう思いますか?

字がヘタでも、POPで商品を売ることは
できると思いますか?

ずばり答えを言いましょう。

仮にあなたが書く字が
うちの小学生の娘のようにお世辞にも
上手いと言えなかったとしたら、、
(娘に怒られそう(笑))

POPで成果を上げることはできないのか?

答えは、NO!!!!!

POPで商品を売るのに
字の上手いヘタなんて全く関係ありません。

まったく、です。

私のまわりでもお世辞にも字が上手い
と言えない方がジャンジャンPOPで
商品を売られている。

なんてことは日常茶飯事です。

こちらのPOPを見てもらえますか?

手書きPOP事例
仲間のお店の手書きPOP


仲良くさせてもらっている仲間が
書かれた手書きPOPです。

こちらのPOPを見られて、どう思いました?

今日の話の流れから言って
かなり紹介しにくいのではあるのですが、、、

お世辞にも字がうまい、

と言え、、、な、、、(言いづらい(笑))

ですよね?(質問内容を想像してください)

でもね、こちらのPOPで
正確な数量はおっしゃっていませんでしたが、

「商品の回転率が上がった」

報告してくださいました。

なぜお客さまは欲しくなるのか?

POPは作品じゃないと思ってます。

「私のPOP、どうですか?」

コメントを求められる時があります。

どう見ても、相手の方の意図は
「うまいでしょ」
って言って欲しそう感が満載なんですよ。

というのも、少し嫌な言い方になるのですが、

POPに書かれているメッセージ自体は
そんなにすごい興味を持つ
内容じゃなかったりするんです。

明らかに、『売るPOP』じゃなく
『魅せるPOP』の部類にはいったりして。

「購入には繋がりにくいんじゃないかなー」

と個人的には思ったりして。

※売るPOPと魅せるPOPについては
こちらの書籍「選ばれるお店」に詳しく書いています。

チラシも同じ

先ほどご紹介したPOPを書かれた
仲間の方は、手書きチラシも実践されています。

そして、メチャクチャ集客されています。

仕出し飲食店 会員さん

基本、原理は同じです。

キレイで、お洒落なチラシだから
集客につながるのか?

というと、そこはあまり関係ありません。
(もちろん業種にもよりますが)

どんな内容のPOPやチラシが反応出るのか?

この辺りの話をし出すと長くなるので
また別の機会に話しますが、

今日、憶えておいていただきたいのは、

「字がヘタだからPOPで商品は売れない」

これは大きな誤解です。

今日ご紹介した方以外にも
字とかデザインセンスなくても
商品を売りまくっている方はいっぱいいます。

  1. キレイな字で書かれたラブレター
  2. うまくない字で書かれたラブレター

もらって嬉しいのはどっち?

「字がヘタだから、コイツとは付き合わない」

なりますか?

かなり話が飛躍しましたが
理屈は同じです。

チャンスを逃さないでください。

「字を書くのが得意じゃない」

そんなことで諦めていたら
厳しい言い方ですが、まだまだ本気度が足りません。

本気で売上を上げたければ
チャレンジしてみましょう。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。