POPだけで店販を月に170万円売上げる美容室

「POPをやっても劇的に
売上が上がる気がしない…」

「POPより他にやるべき事がありそう…」

POPの威力って
軽視されることが多いです。

ずばり言います。

POPを実践すれば
今の売上の110~120%なら
翌月から達成します。

仮に今、月商100万円なら
110~120万円にもっていくことは
難しいことではありません。

正しいやり方を学んで
継続的に実践すれば、すぐに実現します。

「臼井さん、言い切りますねー」

はい、断言します。

以前にもお伝えしたように、

ある美容院さんでは、
シャンプーなどの店販(物販)売上だけで
月に170万円上げられています。

ちなみに170万円って凄いのか?

お店の規模によっても違いますし
単純に比較できないと思います。

ただ、こう考えてみると
分かりやすいです。

例えば、物販の利益率が30%だとします。

【売上170万円×30%=51万円】

カットやカラーをしなくても
毎月、物販だけで51万円の利益が
上がるということです。

売上じゃなく、利益ですよ。

ちなみにこちらの会員さん
元々は、商品を売るのが大の苦手でした。

お客さまに商品を勧めたら
嫌そうな顔をされる。

そんなお客さまの顔を見ていると
次回お店に来てくれないんじゃないか?

怖くなって、商品のお勧めを
一切されていませんでした。

しかし、あるキッカケで
大阪で開催したPOPセミナーに
参加くださいました。

当時、POPを導入されたばかりで

「年間5~6本売れればOKの商品が
今、13本売れています」

セミナーで報告くださいました。

さらにセミナー終了後
1~2週間経って、

「臼井さん、おかげ様で
初月から58本売れました!」

喜びのメールをくださいました。

年間5~6本売れたらOKだった商品が
取り組み初月から58本売れた。

【年間販売数:5~6本】→【月間販売数:58本】

「一体、前年比の何倍だ?」

って話です。

さらに、独自に勉強を進められ
現在では月に約170万円の売上を
上げられています。

商品にしてもサービスにしても
ただ並べておくだけでは売れません。

価値をしっかりと伝えなければ
売れません。

じゃあ、価値って一体なんですか?

多くの専門書で語られてますが
意外とその『正体』は伝えられていません。

商品を買ってもらうには
お店に来店してもらうには
価値を伝えなければいけません。

これは紛れもない事実です。

じゃあ、価値ってなんだ?

どうやって伝えればいいんだ?

この答えは、POPに隠されています。

POPこそ、価値とは何か?
価値を伝える方法を学ぶ
究極のツールです。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。