あなたが書いたPOPを楽しみに待つお客さまがいる

「POPは社会を変える」
「人を救う」

真剣に思っています。

自分に自信を持てない…

仕事にやりがいを見いだせない…

自分の能力を発揮できる
何かが欲しい…

そう思っている人にとって、

POPは、救世主になると思っています

少なくとも自分はそうでした。

20代後半になっても
自分のやりたいことが見つからない。

何をやっても継続できず
言い訳をつくっては
転職を繰り返す。

そんな自分にほとほと
嫌気がさしていました。

もちろん自信も持てませんでした。

しかし、職業安定所で偶然見かけた
産直店での社員募集の広告。

日々、お客さまと
コミュニケーションをとる中
自分の存在を認めてもらえる。

『居場所』を見つけることが出来ました

POPを書いた商品が売れるのも
嬉しかったし

「これ、お兄ちゃんが書いてるの。
楽しみに読ませてもらってるわよ」

お客さまに認めてもらえるのも
自信になりました。

特に取り柄も、やりたい事も
見つからなかった自分に
存在価値を感じることができました。

POPスキルを身につけて
売りたい商品を売れるようになる。

今お勤めのお店の売上を上げる。

勿論ここもPOPを実践する目的の1つです。

ですが、もう1つ個人的な思いとしては
以前の自分のように

何か熱中できるものを見つけたい

自信を持ってお客さまと
コミュニケーションをとれる
人間になりたい。

感謝されながら毎日
楽しく仕事をしたい。

これらを実現する1つのキッカケになれば…

そんな思いが強いです。

あなたのPOPを見るのを楽しみにしている

スクール受講生

と言われた方のようになりたい。

スクール受講生のお一人がおっしゃっていました。

自分が書いたPOPを楽しみに
お客さまが来店くださる。

POPを通じて喜びを与えることができる。

「この間の商品、良かったわよ」
お客さまに感謝していただける。

これほど励みになることはないと思います

『POPは人生を変える』

自信を持って伝えられます。

POPを通じて自信を得れば
可能性はどんどん広がります。

もしも、あなたが今を変えたい。

と思われているのであれば
一歩を踏み出されてみてください。

臼井がマンツーマンでフォローします。

POPで人生を変える

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。