集客できるホームページやチラシを作る前に必ずやっておきたいこと

ある大学校にお邪魔してきました。

新入生に講義をするためです。

昨年につづいて2年目で
学校は高知県立林業大学校。

講義のテーマは、

『強みと弱みを知って
100%の自分を表現できるようになる』

ちなみに質問なんですが…

「あなたの強みと弱点を把握されていますか?」

何をするにしてもそうですが、

扱う商品があれば、まず、それを知る。

その正体を知らずして
取り扱うことも販売することもできません。

自分を100%発揮したければ、まず自分を知る。

モノであっても、人間であっても
ここが入り口です。

正体も把握しないまんま
自己表現法のテクニックをいくら学んでも
意味はない、

そう感じています。

先日の大学の講義では
こんな喩えを学生に話しました。

あなただったら、どうしますか?

家族や友達と初めての土地へ旅行へ行った。

そこで夕方になって晩ご飯をどこで食べようか?

考えることになった。

「まず皆んなは何をするか?」

学生に質問しました。

「ネットで検索をします」

「お店のサイトを見て
レビューとか雰囲気をチェックします」

こんな答えが返ってきました。

どこかのお店に行こうとしたら
まずお店を検索しますよね。

そこで口コミとか情報を見て、
「利用する」「利用しない」判断をしていると思います。

っで、ここで学生たちに
その日のテーマを伝えました。

「自分をお店のサイトと考える」

専門技術を学ぶこの学校では
1年で就職する生徒もいます。

入学して3ヶ月後には就職ガイダンスを控えています。

なので、

「いかに自分を表現できるか?」

「自分の思いや考えを言葉にし
相手に伝える技術を身につけられるか?」

生命線だと感じています。

そんな中、自己表現、
自分を売る技術を学ぶ1つとして、

【自分】=【お店のサイト】

と考えて、自己表現の方法を一緒に考えました。

あなたが自社サイトを持たれているのか?

ちょっとわかりませんが、

サイトを機能させるためには
押さえておきたい要点があると感じています。

ブログでも同じです

チラシでも同じです。

SNSにも当てはまります。

まずは、

自社(自分)の『強み』は何か?
把握する。

ここをすっ飛ばして、

「デザインがどう…」
「響くメッセージがどう…」

そんなこと言っても始まりません。

ウェブサイトにしても、
チラシにしても、、SNSにしても、、、

自社(自分)の強みを発信するために
存在するものです。

もっといえば、強みを把握することなく
集客できるサイトもチラシもつくれません。

自社や自分の強みや個性を周囲に伝えるために
サイトやチラシを使うのだと考えています。

なぜ、ホームページやチラシをつくるのか?

そして、あなたの強みや個性に
共感する方々に集まってもらう。

これが、『集客』です。

私も最近気づいたのですが、

チラシをつくったり
サイトを構築したり、

集客のお手伝いをしている
会員さんと一緒に何をしているのか…?

結局は、会員さんの強みや個性を発掘すること。

そして、その強みや個性を
求めたり、共感してくれる人は、

  1. 誰で?
  2. どこにいて?
  3. どうやってアプローチすればいいか?

この3つを会員さんと一緒に
突き詰めることに気がつきました。

どんなサイトにすればいいか?

どんなチラシにすればいいか?

メッセージはどう伝えればいいか?

それら全ては、3つ目のどうやって?
の部分です。

いきなりそこを考える気持ちも
わかりますが、的確な答えは出てきません。

まず、着手すべきことは、

あなたの強みや個性を把握することです。

繰り返しますが、

あなたの強みや個性に共感する人を
集めること、

これが集客だと考えています。

『集客チラシ』事例を無料公開

チラシ集客

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。