商品説明が売込みと誤解される2つの理由

商品説明をすると
売込みと勘違いされる。

だから、セールスが苦手という方は多いです。

商品説明が売込みと誤解される理由

商品説明が『売り込み』と
勘違いされる要因は、

1:興味がないお客さまに話している
2:関係性ができていない

大きくはこの2つです。

「販売が苦手だな」

と感じる場合は、この2つを
抑えれば大抵はうまくいきます。

例えば、

「POPやった方が良いですよ」
「POPで売上は伸びますから」

売上アップに興味がない人には
どうでもいい話だと思います。

いくら素晴らしい商品でも、

興味のない相手に話せば、雑音同然です。

またお客さまとの関係性、
(信頼度)もかなり重要です。

例えば、このメール。

恐らくあなたは臼井以外にも
いくつかメルマガを読まれている
と思うんです。

過去にサービスを受けて
売上がアップした。

そんな方のメルマガって
特別じゃないですか?

その人が新しい商品を紹介したら
とりあえず見ませんか?

興味性もない、
関係性もできていない、

そんな人に商品説明をしても、

『押し売り』と誤解されるだけ。

次回の予約もしてくれない…
二度とお店に来てくれない…

失客という悲惨な結末を招きます。

かといって
商品を売らない限り売れません。

収益は上がりません。

じゃあ、どうやって
興味性の高い人を発見するか?

お客さまと信頼関係を築くのか?

答えは簡単です。

この話が参考になると思います。

「いやー、何も説明しなくても
売れるんです」

「こっちは質問に答えるだけで
どんどん売れるようになりました」

ある方法で結果を掴んだ
『90%以上』の方が、
決まったように言うセリフです。

ほんと驚くくらい同じ話をします。

今後、あなたも実践すれば、
自然と口からこぼれると思います。

実は、POPを実践し
結果を掴んだ方90%以上の方が、

「質問に答えるだけで商品が売れた」
「セールスが不要になった」

口を揃えます。

臼井と一緒にPOPを学んだ方は
文章量をつかって
商品のことを伝えています。

人柄も伝えています。

いわば、商品への興味性と
あなたへの信頼度をPOPを通じて
高めているのです。

なので、

商品に興味を持ったお客さまが
話しかけてくれるし、

質問に答えるだけで
商品が売れていく。

そんな状況がバンバン生まれるのです。

ゴリゴリ売り込むのではなく
興味を持ったお客さまに
声をかけてもらう。

これこそセールスが苦手な方
だから出来る、販売の極意です。

「セールスが苦手、、、」
「お客さまの反応が怖い、、、」

POPを使えば、
全てのストレスから抜け出せます。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。