はじめは細かいことは考えない。この2つを抑えよう。手書きPOPで成果を上げる2つのポイント

 

confused-880735_640

 

手書きPOPで成果を上げようと思えば、

「2つのポイントを抑えればいい」

極端な言い方をすると、そうなります。

 

まずは、その2つのポイントを学び。

お客さまに響く書き方を知る。

そして、実践をする。

そうすると、自然と成果につながってきます。

 

…っと、こんな風に書くと、

「なんか、ものすごく胡散くさい話」

に聞こえるのですが、、、本当です。

 

では、簡単に説明していきましょう。

初めに抑えておきたい「手書きPOP」2つのポイント

実は今日の午後から、とある商工会さんで手書きPOPセミナーがあるのですね。

そこで使う資料をつくっていたんですが。

あらためて、実感したことがあります。

 

それが、冒頭でお伝えした話。

「まず、この2つを抑えておけば、成果につながりやすい」

というポイントです。

 

では、まずその1つ目からみていきましょう。

1.レイアウト

手書きPOPで成果を上げようと思えば、まずレイアウトを決める。

ここがポイントです。

 

そして、これは手書きPOPに限らず、他の販促物にも当てはまります

 

チラシであっても、ニュースレターでもあっても、ブラックボードであっても、ここが入口となります。

 

言ってみれば、販促物でいうところのレイアウトというのは、「設計図」です。

骨格となる部分です。

ここを初めに決めてしまわないと、始まらないんですね。

 

例えば、家を建てるときでも、そうじゃないですか?

まず最初に、設計士さんが図面を書きますよね。

その図面がしっかりしてないと、その後の建築作業も捗らないと思うんです。

出来あがっても、はじめに思っていたのと違うカタチになってしまう。

 

手書きPOPでも同じです。

 

まず初めに、成果につながりやすい手書きPOPのレイアウトを決める。

そこから各コーナーごとに内容をつくっていく。

これが、成果にもつながるし、手書きPOPを書く作業も捗る流れです。

2.メッセージ

つづいて、抑えておきたいもう1つの要素。

それが、「メッセージ」です。

 

言ってみたら、まず最初の段階で手書きPOPのレイアウトが決まる。

そして、そのレイアウトに沿って、内容を決める。

特に、内容のなかでも重要な、メッセージの部分となります。

 

ある意味、ここが手書きPOPの成果を左右する1番の部分。

  • レイアウト:2割
  • メッセージ:7割
  • その他:1割

このような配分で成果は決まる、と言ってもいいくらいです。

そして、メッセージに関する隠れたポイント

さらに、このメッセージ部分でもう1つポイントとなるのが。

ある程度、成果の上がるメッセージの「型」がある、ということです。

 

言ってみれば、お客さまに響きやすいメッセージのフォーマットがあるのです。

 

最初の慣れないうちは、そのフォーマットを参考にすればいい。

フォーマットに自分の商品を当てはめる。

そして、メッセージを作り上げる。

ここが、成果を上げやすく、作業もスムーズに捗る流れになります。

 

もちろん、ずっとそのフォーマットに頼りきる、っていうのはお勧めではありません。

 

慣れるにしたがい、あなた自身の個性を出していった方が良いし。

その機械的な作業を繰り返していても、面白くないですからね。

何より、お客さまにも見透かされますし。

 

ただ、そうは言っても、はじめのうちは今日の話の2つがポイントとなります。

実際、今日のセミナーでも僕がお伝えするのは、この2点が大枠です。

2時間のセミナーだけど、実習の時間もここがメインです。

 

逆にいえば、

  • 「手書きPOPを書いているけど、成果につながっていない」
  • 「手書きPOPに何を書いたらいいのか分からない」

というのなら、今日お話しした2つのポイント。

 

レイアウトと、メッセージ。

この2つをしっかりと振り返ってみるのが先決です。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。