時間短縮!成果UP!手書きPOP書き方5ステップ

 

steps-1081909_640

 

こんなこと、ありませんか?

手書きPOPを書くときに、

  • 時間がかかる
  • 何から書いていいのか分からない
  • 書いたものに納得できない

こんな状態になっていませんか?

 

もしも、今お話したことに1つでも心当たりがあるのでしたら、今日の話が役に立つかもしれせん。

 

手書きPOPを書くときの流れ。

順序の話です。

手書きPOPを書く時に、ある一定の流れで書くことで、

  • 作業がスムーズになる
  • 時間が短縮される
  • 内容も考えやすい

そんな決まったステップがあります。

 

では、詳しくお話していきましょう。

どんな順番で手書きPOPを書かれています?

 

昨日、あるお店の訪店サポートにうかがってきたんですね。

月に1回お店に訪問し、店主さんやスタッフさんと一緒に取り組みます。

ある商品の手書きPOPを一緒につくりmさいた。

そしてその際も、今から話すこの流れに沿いました。

 

結果、どれくらいだっただろう、、、?

15分くらいかな。

それくらいで、そのお店がこれから重点販売していきたい商品のPOPが手書きPOPが出来あがりました。(あと清書をするだけ!の状態まで)

 

では、どんな順序でつくったのか?

お話ししていきます。

時間短縮!成果UP!手書きPOP書き方5ステップ

 

では、順にその5つのステップをご紹介していきます。

1.商品を決める

まずは、手書きPOPに書きたい商品を決める。

ここからスタートです。

あなたが売りたい商品は何ですか?

2.サイズを決める

どれくらいの大きさのPOPだと、売場に設置できるのか?

  • 売場のスペース
  • 隣の商品との間隔
  • 棚の高さ

などを考慮しながら、どれくらいの大きさのPOPがいいのか?

置けるのか?を考えます。

 

卸商品(他店舗での販売)ならば、

「どれくらいのサイズまでなら置いてもいいのか?許容範囲なのか?」

先方に確認したほうが良い場合もありますよね。

3.レイアウトを決める

あなたが書くPOPのサイズが決まったら、その中身の設計をおこないます。

  • どこに?

  • なにを?

  • どれくらいのスペースで書くのか?

POP台紙のコーナー配分です。

 

レイアウトは、手書きPOPにおける「設計図」。

重要なポイントです。

どんなレイアウトにしたらいいのか分からない場合は、コチラが参考になるかもしれません。

4.切り口を決める

商品を紹介するうえでの訴求ポイント。

どんな視視点で、お客さまに伝えていくのか?

その切り口を決めます。

 

ひとえにあなたの商品が良いといっても、どこに重点を置いて伝えていくのか?

そのポイントを決める作業です。

 

例えば、あなたが売りたい商品が「ワイン」だったとしたときに、

  • その美味しさを伝えるのか?
  • 香りの良さなのか?
  • 希少性なのか?
  • 原産国か?
  • 料理との相性?

いろいろと伝えるポイントって、あると思うんです。

(ちなみにワイン素人の僕なので、その訴求ポイントはもっと他にもあると思います(笑))

 

要は、商品のどこにスポットライトを当てるのか?

を検討します。

5内容を考える

いよいよ、クライマックス。

キャッチコピーやメッセージ、あと写真を使うのであれば、どんな写真にするのか?

中身を考えていきます。

ポイントとしては、先ほど「4.」で決めた訴求ポイントに沿って検討します。

 

 

…以上、これが手書きPOPを書くうえでのスタンダードなステップです。

 

昨日に伺ったお店もこの流れに沿って、POPをつくりました。

これに沿ってPOPを書くことで、作業時間はグッと短縮されます。

 

まぁ、慣れの部分もありますが、一端流れができると作業自体も楽になりますからね。

手書きPOPを書くときに、

  • 時間がかかる
  • 何から書いていいのか分からない
  • 書いたものに納得できない

といった心当たりがあるのでしたら、お試しすることをお勧めします。

 

※今日の話で出てきたPOPのレイアウト

あなたのお店にあったレイアウトを知りたいのなら、こちらが役に立つでしょう。

手書きPOPレイアウト見本

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。