来店頻度を上げるために手書きPOPを使う

 

手書きPOP 来店頻度

 

今これを読んでくださっている、

勉強熱心なあなたなら、一度は聞かれたことがあるんじゃないでしょうか?

 

売上っていうのは、

【顧客数(新規)】× 【来店頻度(リピート)】×【客単価】

こんな公式で成り立っているんだよ、という話。

本で書かれていたり、よく専門家の方が話していたりすると思うんです(初耳でも全然大丈夫)。

 

でね、実はここがポイントなのですが、この中の3つの要素。

  • 【顧客数(新規)】
  • 【来店頻度(リピート)】
  • 【客単価】

それぞれすべてに手書きPOPは、関係してて。

それぞれに影響を及ぼすことができるのです。

手書きPOPを実践することで、それぞれの数値を上げることができるんですね。

 

今日は、3つの要素のなかでも【来店頻度(リピート)】。

来店頻度と手書きPOPの関係をみていきたいと思います。

手書きPOPで来店頻度を上げる

手書きPOPを実践することで、お客さまの来店頻度を上げることができる。

・・どうしてか?

その図式は、例えばこんな感じです。

僕が大阪で働いてた産直店の経験談を話しますね。

 

今から10年以上前に働いていた大阪の産直店で、僕は手書きPOPを書いていました。

高知県の生産者さんから送られた野菜や果物。

その商品のことをお客さまにより知ってもらいたくて、手書きPOPをつかっていました。

 

でね、その時によくお客さまから言われていた言葉があるんです。

これって、お兄さんが書いたの?

面白いわよー、コレ。

これを読むのを楽しみにお店に来てるのよ

励みになったのは勿論なんだけど、(そう言っていただくことで)僕がもう1つ感じたことがありました。

それは何か?っていうと。

「オレが書いたPOPを楽しみにお店に来てくださってるんだ、、」。

あなたの手書きPOPを楽しみに来店

あなたが手書きPOPを書く。

お店中の商品に手書きPOPを設置する。

売場中を手書きPOPで埋め尽くす。

…すると、お客さまの頭(心)の中には、ある図式が出来あがります。

  • 【あなたのお店】=【手書きPOP】
  • 【あなたのお店】=【ちょっと変わったお店】
  • 【あなたのお店】=【また行きたいお店】

こんなイメージが、定着し出します。

 

あなたの手書きPOPを楽しみに、お店に来る。

あなたの手書きPOPが面白い。

POPを見て、商品を買うかどうか決める

そんなお客さまが、現われ出すのです。

 

これって、もし本当にそうなったら、楽しくないですか?

どういう風に感じますか?

 

…一般に、手書きPOPというのは、顧客単価を上げる(もう1品買ってもらう)、

そのための販促物というイメージがあります。

っが、実は、そうでもなかったりするのです。

 

「また次もここに買いに来よう」

お客さまのリピート率にも影響を及ぼすことができる。

お客さまがお店に来られる楽しみをつくることができるのです。

 

あなたの手書きPOPを読むのを楽しみに来店されるお客さま。

そんな方々に囲まれて仕事ができる。

考えただけでも、ちょっと胸が躍りませんか?

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。