手書きPOPを書く時間をどう作る?

手書きPOPって、スグに書けますか?

時間をとられたりしませんか?

「みんな、どんな風にしてPOP書いてるんだろう?」

「どうやって、POPに書く時間とっているんだろう?」

・・・そんなのって、考えたりしませんか?

手書きPOPセミナー終了後の質問の時間で、いただきました。


「POPを書くのって、時間がかかったりすると思うんです。

 臼井さんは、現場にいながらそのあたり、、、どうやって書かれていましたか?」

参加者の方から、このようなご質問を。

たしかに、手書きPOPって、書くのに時間がかかります。

まして現場にいると、時間をなかなか取れない。

他の仕事もあって、POPは後回しになる。

っで、結果、書くのを止めてしまう。

こんな課題って、どこもあると思うんです。

特に、個人や小規模店の現場だったら、尚更ね。

・・・っで、僕が小売時代にやっていたことを、その質問者の方にお答えさせてもらいました。

僕が当時働いていたお店は、正社員2名のほんと小さなお店。

パートさんもいたけど、忙しいとき、シフトの人数が少ない日は、僕もレジに立ってました。

仕入商品の品出しをしながら、レジをして、、、。

当然のことながら、POPを書く時間って、そんなになかったです。

っで、僕がやっていたこと。

例えば、レジをしていたならば、、、

ちょっとでも、お客さんが途絶えた隙に、カウンターで書いていた。

レジをやらなきゃイケない時は、紙とマジックを準備しておいて。

ちょっと空いた隙に、パッパッって書いていた。

あとは、僕が扱っていた商品は、主に野菜だったんですけど。

野菜が入荷されて、売場に出す時には、売場に出る前にちょっとだけ時間をとって。

必ずPOPを書いて、野菜と一緒に売場へ並べてた。

その時に書くPOPは、とりあえずの内容でいいんです。

凝った内容にしなくていい。

とにかく、商品と一緒にPOPを並べる。

ここを守るんです。

っで、後から時間が空いた時に、書きかえる。

ここで時間とって書いてたら、商品が売場に並ぶ時間が遅くなっちゃいますからね。

まして、商品入荷の忙しい時間に、現場で机の前にじっと座ってたら、まわりからヒンシュクもの。

だから、パパっッと書いて、とりあえずのPOPをつくる。

こんな感じでした。

とにかく、ちょっとした時間を見逃さない。

少しの空き時間を利用する。

その時に、POPを書く。

すごく当たり前のことだけど、僕がやっていたのはそんな感じです。

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。