商品を売りながらお客さまに喜ばれたいなら、コレ!そう、「お手紙POP」

手書きPOPセミナー大阪

 

広告っぽくない販促物が、お客さまに喜ばれる。

最近、特にそんな風に感じるようになっています。

 

「広告っぽくない」っていうのはどういうことか?

簡潔に言うと、「いかにも、、、」っていうのじゃないモノです。

 

といって言葉で説明しても中々伝わりにくいので、事例をご紹介しながらお伝えしていきますね。

例えば、こちらの手書きPOPをご覧いただけますでしょうか。

 

調剤薬局店の研修で書いてもらった手書きPOP

 

ぽっかぽか!あったまる~!

生しぼりしょうが入り 甘酒

 

冬になると手足が冷えて、なかなかねむれないと言っていたおばあちゃん。

コレだ!と思い飲んでもらうと、おいしい!あったまる!と大喜び。

しょうがの風味も気に入ってくれた様でした。

冬が近づいてきたので、今年もプレゼントするつもりです^^

しかも!!安心の国産なんです!

ぜひぜひ1度おためし下さい>< 840円

 

今年おこなった、ある調剤薬局店さんの社員研修のときに書いてもらった手書きPOPです。

研修の途中に書いてもらったモノなのでまだ下書きの段階ですが、

「なかなかの仕上がりだな」

と思って僕も見させてもらったんです。

いかにも…っぽくないでしょ?

こちらの手書きPOPのメッセージを読ませてもらったとき、どんな風に感じました?

 

僕はなんとなく、こう語りかけられているというか。

読んだときにスッと心のなかに入ってきた文面だったんですね。

だから、すごく後味よく読ませてもらいました。

「…なにか商品を売りつけられている」

そんな感覚をあんまり受けなかった。

 

言ってみれば、この(手書きPOPを書かれた)調剤薬局店の従業員さんからのお手紙を読んでいるような感覚です。

 

そう、そうなんです。

これは手書きPOPでありながら、「手紙POP」でもあるんです。

今って、「手紙POP」が喜ばれる時代

よく言われるように、今って有り余るほどのモノが溢れています。

そしてそれは、同様に情報もです。

 

ネットを見てても、お店に入っても、いろんな所で商品をPRする広告を目にしますよね。

もう、いたる所でね。

ある意味、生活者からみると広告には飽き飽きしている節もある。

だから広告を見ても、知らず知らずのうちに右から左へスルー。

目には見えているんだけど、心や脳に引っ掛からない状態です。

 

冒頭でもお伝えしたように、広告っぽい販促物は受け入れられにくい。

逆に言えば、広告っぽくない販促物のほうがお客さまに喜ばれる。

そんな要因は、ココにあるんです。

 

だから、そんな今こそ!

「お手紙POP」なんです。

 

「手書きPOP」でありながら、「お手紙POP」。

「手紙」に「手書き」は欠かせない、お手紙POPです。

…なんかオッサンジョークみたいなことを言っていますが、本気です。

っで、けっこう本質を突いているはずですよ。

 

商品を売りながらお客さまに喜ばれたいのなら、手書きのお手紙POP、

ぜひ目指していきましょう。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。