要チェック!あなたの手書きPOPは大丈夫?成果が上がるかどうかはここがカギ

 

ポップは結構書いていますが、目に止まらないのかあまり反応がありません。

 

無料でお配りしている「手書きPOP7つの極意」ご登録者の方から、このようなメッセージをいただきました。

 

「手書きPOPを書いているのに成果につながらない、、、」

このようなとき、僕たちは見た目的な部分。

 

例えば、

「お客さまの目を留まるための工夫が足りないんじゃないか?」

もしくは、

「キャッチコピーなどの呼びかけ言葉が弱いんじゃないか?」

を気にする傾向がありますが、実は理由はそこにはない場合が多いです。

しかし、そのポイントはもっと他に隠れています。

要チェック!手書きPOP診断、ここがカギ!

成果につながらない手書きPOPに多くあるケースの1つとして、

「POPのメッセージがありきたりになっている」

とお客さまが判断している場合が挙げられます。

 

要は、書かれているメッセージが他店でも使えるような内容になっているということですね。

「商品名」や「店名」の部分を書き替えれば、同業他店でも使える。

そんな文章になっているケースです。

 

 

…一度あなたが書かれたPOPを見ていただけますか。

商品名や店名、価格といった部分がPOPに書かれているとしたら、その部分を他店の商品に置き換えてみる。

すると、そっくりそのままPOPメッセージが他店でも使えそうなら、、、

それは、「成果につながりにくい手書きPOP」になっているのかもしれません。

 

今朝サンタから届いたローラーシューズで遊ぶ娘

サンタから届いたローラーシューズで、今朝さっそく遊ぶ娘

独自性あふれるPOPメッセージをつくるには?

いろんなお店で見かけるPOPメッセージというのは、反響が出にくいです。

お客さまとしても、よく見かける内容なので読んでも心を動かされないわけです。

手書きPOPを見ても、

「あぁ、またか、、、」

みたいな感じでスルーされてしまいます。

 

じゃあ、「ありきたりじゃない」メッセージを書こうと思えば、どうすればいいのか?

 

単純に言えば、ありきたりの逆の「あなたらしさ」を感じるメッセージを心がけるのです。

 

「ありきたり」⇒「他店でも使える」

「あなたらしい」⇒「他店では使えない」

 

もっと具体的にいうと、手書きPOPを書くときに商品特性ばかりに意識を向けないことです。

 

通常、POPを書こうとすると、その商品の良いところを伝えたい。

そんな意識が働くと思うんです。

「商品の良いところ」=「お客さまの興味がある」ところ(=購入につながりやすい)

そんな気持ちがあるから。

 

(…そんなことないですか?)

 

「商品の良いところ」を伝えるのが、お客さまの興味につながる。

そして購入にもつながりやすい、というのは何も間違いじゃありません。

ただ、その伝え方がカギなんです。

 

 

昨日、販促サポートにうかがったある女性の方とも話題になった話なのですが、

商品の「良いところ」や「こだわり」をそのまま伝えようとすると、他店がおこなう訴求と同じになってしまいがちです。

冒頭でいったような他店でも使えるPOPメッセージに、です。

その理由をカンタンにいえば、世の中にある商品の多くは(良い意味で)似てきているからです。

製法やこだわりを伝えようとすればするほど、他商品との違いが分かりにくなるのです。

 

なので、商品の良いところやこだわりを伝えるときには、そこに「あなた(ヒト)」を絡めて伝えること、ここにポイントがあるのです。

 

「モノ」訴求⇒「ありきたり」⇒「他店でも使える」

「モノ×人」訴求⇒「あなたらしい」⇒「他店では使えない」

 

この話はこのブログでもよく話題にしているので、ごめんなさい、

今日は詳述しませんね。

詳しくお知りになりたい方は、例えばこちらの記事をご覧くださいね。

■参考記事【興味を持たれるPOPメッセージを考えるヒント】

 

 

「手書きPOPを書いているのに成果につながらない、、、」

まず、こんなときにチェックしたいこと。

見た目やキャッチコピーといった言葉がけの部分が気になりますが、その書かれているメッセージが、

  • 「あなたらしい」モノになっているか?
  • 「同業他店で使える」モノになっていないか?

をチェックしてみましょう。

 

もしも、この問いの答えがNOならば、そのメッセージに「あなた」を絡めて伝えることはできないか?

を考えてみましょう。

「モノ×人(あなた)」のメッセージへの変換です。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。