即実践!写真をつかうと目に留まりやすくなる

 

「臼井先生、レイアウトがちょっと分からないんです…」

昨日、手書きポップ講習会の参加者さんからうかがったひと言です。

 

「いま、手書きポップを実践されるなかで、何か難しいこととかないですか?

 もしあれば、今度の講習会の内容に盛り込みますよ」

っていう感じで、連絡させてもらったんです。

そしたら、冒頭の言葉をいただきました。

 

この参加者さんは、2ヶ月前から手書きPOPに取り組み出した。

順調に成果も上げていらっしゃいます。

だけど、そのなかでレイアウトが少し…という話でした。

「パッとみたとき、どこに目がいきます?」

レイアウトの話と少しずれるかもしれないんだけど、例えば、手書きポップのなかで写真をつかう。

これ、効果があって、お客さんの目に留まりやすくなるんです。

 

 

「お客さんの目に留まるポップにするには、どうしたらイイんだろう…」

あなたも一度は悩まれたことないですか?

…そんなとき、写真をちょっと使うだけでも、効果ありますよ。

例えば、こちらの手書きポップ。

神奈川県の美容院さんの手書きPOPなんですね。

 

神奈川の美容院さんの手書きポップ

写真をうまく活用された美容院さんの手書きポップ

 

「…パッとみたとき、どこに目がいきます?」

 

僕の場合は、1番上に書かれてる「炭酸水」というところにまず、目がいって。

その次は、左下に写真に目がいった。

「キャッチコピー」⇒「写真」

こんな感じですよね。

っで、その後、説明文を読み始めるという流れです。

(あなたはどんな感じでしょう?)

 

そう、ココで分かるのは、写真がキャッチコピーと同じくらいお客さんの目を留める効果がある。

うまく写真で目を引くことができれば、説明文を読んでもらえる可能性も高くなる。

そういうことです。

しかも、キャッチコピーを考えるほど、写真って難しくないでしょ?

よっぽど特殊な写真を貼ろうと思わない限り、そんなに難しい作業じゃないはずです。

(キャッチコピーを考えるのは難しいけど)

 

手書きPOPのレイアウトを考えるときに、写真を組み込んでみる。

 

「台紙のどこかに写真を入れられないかな?」

「どこに入れると、おさまり良さそうかな?」

そんな視点で1度考えてみましょう。

写真の効果、けっこうバカにならないですよ。

 

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。