【お土産店の手書きPOP事例】よく質問されることを書いてみる

 

「手書きPOPに何を書いたらイイのか分からない…」

「手書きPOPに興味はあるんだけれど…」

もどかしい思いされている方、多いと思うんです。

 

今日はどんな商品やサービスにもつかえる。

手書きPOPのネタの探し方の話をします。 

よく質問されることを手書きPOPネタに

例によって、まずこちらの手書きポップをみてください。

手書きPOPの講習会の受講者さんが書かれたものです。

 

手書きPOP講習会の参加者さんが書かれたもの

講習会の参加者さんが書かれた手書きPOP

 

書かれた方は、お土産店で働かれる女性スタッフYさん。

「今までPOPなんて1枚も書いたことがない…」

講習会のなかでPOPを書くことをかなり躊躇されていた方です。

そして、このYさんもあなたと同じ悩みを持たれていました。

 

「どんなことを書いたらイイんだろう…?」って。

 

っで、講習会のなかでこんな話をさせてもらいました。

例えば、売場で接客をしているときに、

その商品についてよく聞かれることはないですか?

あとは、

イベント販売などへ行った時に、よくする話はなんですか?

話すとよく買っていただける話はないですか?

って。

そして出来あがったポップです。

お客さんに圧倒的によく聞かれること

Yさんが働かれているお店は、お土産店。

だから、県外(地元外)からのお客さんが多い。

 

一方、「ぶしゅかん(仏手柑)」は、地元特有の柑橘です。

県外からやって来るお客さんにとっては、??の世界です。

実際、お店の売場でもよく質問されていたそうです。

「ぶしゅかんって、何?」って。

 

だから、そのよく聞かれることを手書きポップにしてみたわけです。

 

ぶしゅかん、って知っています?

禁断の果実

四万十百年ぶしゅかんとは?

県外のたくさんのお客様が「ぶしゅかんって何?」と

よく聞かれます。そうですよねぇ。

ぶしゅかん(仏手柑)は、特に高知県西部で多く栽培されている

酢みかんの一種なんです。

お肉やお魚、野菜等、素材の味を生かすバツグンの果汁なんです。

百年実をつける生命力あふれる、果実の素晴らしさをぜひ食して下さい

よく聞かれる質問を書いてみる

手書きポップというのは、あなたの代役です。

あなたの代わりに商品を売ってくれる、いわば、「無言のセールスマン」です。

 

あなたがその場にいなくても、お客さんに商品のことを語ってくれる。

セールスしてくれる、そんな存在です。

 

…ここを踏まえて、手書きポップに書くネタを考えてみると。

先ほどの質問が役に立つのです。

  • 売場で接客をしているときに、よく聞かれることはないですか?
  • イベント販売などへ行った時に、よくする話はなんですか?
  • 話すとよく買っていただける話はないですか?

これら3つの質問は、お客さんの興味がある話題です。

 

 

手書きポップとして書いておくと、読まれやすいネタになる。

そして、購入にもつながりやすい話。

だって、イベントのときに話すと購入につながりやすい話題だから。

 

手書きポップがあなたの代わりに、セールストークをしてくれる状態をつくれるのです。

 

 

「もしも、何を書いたらいいのか分からない…」

そんな状態になったときは、今日の話を思い出してみてくださいね。

 

※…ちなみに今回ご紹介した手書きポップを貼ると、得意先で売り切れが起きるほどよく売れたそうです。

全部が全部、ポップの要因じゃないと思うけど、効果は大きいです。

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。