お客さんとつながるために販促物をつかう

 

販促物の大きな役目の1つに、お客さんとつながることがある。

 

直接的に話しかけると中々うまくいかない場合でも、販促物をつかって間接的にアプローチする。

商品について伝える。

結果として、モノが売れる。

この流れをつくるために、販促物をつかっていく。

 

先日、一緒に仕事をさせてもらったある会社さんでも、これに関する話が聞けました。

 

無趣味のボクが好きなことの1つDIY。昨日、ペンキ塗りガンバリました^^

昨日、ペンキ塗りガンバリました(娘が撮影)・・・日焼けで背中が痛い。。^^

 

思わず、ドキッとしたお客さんのひと言

お客さんと今以上につながり、今話した流れをつくる。

そのために、ニュースレターの発行することになったある会社さん。

その第一号を先月発行。

出したあとの少し興味深いご感想を聞けました。

 

「いえね、この間、銀行で並んでいたら、”あぶらやさん”ですよね?

 って、声をかけられたんです。

 ”あっ!ニュースレターを読まれた人だ”、って恥ずかしくなって咄嗟に顔を背けたんですよー」

って、会社の方が仰られていたんです。

この発言に背景にはこんなことがあって。

 

ニュースレターの内容を一緒に考えているときのこと。

「タイトルをどうしようか?」

という話になったんです。

っで、「●●あぶらやだより」と名付けられた。(●●の部分は、お名前)

ガソリンスタンドを事業の一部として経営される会社さんだったので、「ガソリン=あぶら」に喩えて、あぶらや(油屋)にされた。

あとは、「あぶらや」の方が、「ガソリンスタンド店」っていうより親しみがあるのでは?

という意図もあった。

 

っで、ニュースレターを発行。

すると、読まれた方が先程の銀行での発言になった。

「”あぶらや”さんですよね?」って。

親しみを持ってもらう

扱う商品やサービスをのことを知ってもらう。

それ以上に、その商品をあつかう会社(お店)の人のコトを知ってもらう。

選びきれないくらいの商品が存在する今、なにより大切なポイントです。

 

今回ご紹介した事例では、たまたまお名前をニックネームのような方で呼ばれた。

そんなパターンだったけど。

他にも方法はあると思う。

お客さんとつながる方法っていうのは。

 

お客さんとつながった方がいい、っていうのはすごく実感している。

だけど、その方法やつながり方って結構むずかしい。

ゆえに、販促物をつかって間接的にアプローチする。

今回みたいに、ニュースレターでもいいし、手書きPOPでもイイ。

お客さんとつながるために販促物をつかう、この視点は大切にしていきたいですね。

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。