メーカー支給のチラシを出すだけでは、なかなか成果が上がりづらい

 

こんなケースって、ないですか?

 

ニュースレターを発行している。

っで、ニュースレターをお客さんに送るだけだったら、コストがもったい。

そう思うので、チラシも同梱して送っている。

 

・・・だけど、そのチラシの反響がすこぶるよくない。。

どうしてなんだろう??

 

こんな状況で頭を悩ましたことないですか?

 

 

もう、そろそろお正月モードを抜け出さないとネ

もう、そろそろお正月モードを抜け出していかないとネ

 

従来のやり方を変えたら、月商90万円が150万円に

手書き販促クラブの会員さんに、昨年末から順調に成果を上げられている女性(Sさん)がいます。

実店舗を持たずに、商品(化粧品や女性下着)を販売されている。

この会員Sさんが、まさに冒頭でお話しした状況と同じだったんですね。

 

当初は、メーカーから支給されたチラシや商品カタログを顧客へ送られていた。

っで、手書き販促クラブに入会(昨夏)されて、一緒になってニュースレターを創りあげました。

その後は、定期的にニュースレターを発行しつつ、内容と活用法をブラッシュアップしています。

 

すると、昨年11月あたりから成果に繋がりだした。

前年の月商90万円だったのが、150万円にまで上がった。

 

そして、ちょうど昨日がそのSさんとの電話相談の日だったんですね。

話を聞いていると、昨年末から引き続き、商品は売れ続けているそうで。

また新年のあいさつも兼ねて、これからニュースレターを発行します。

そこで、商品をオススメする仕掛けをつくっています。

 

メーカー支給のチラシを出すだけでは、なかなか成果が上がりづらい

僕が経験させてもらった中でも、メーカーから支給されたチラシを顧客へ送る。

だけど、なかなか成果に繋がりにくい。

そういうお店、すごく多いです。

漢方薬店、酒屋さん、電器店、化粧品店、、、けっこう苦労される場合多いです。

 

メーカーからいただくチラシって、ものすごく綺麗に洗練されてつくられています。

写真とかもキレイじゃないですか。

ただ、それを送って、お客さんに見てもらうだけでは、中々しんどいのも事実。

受注につながりくいです。

 

・・・メーカーのチラシが悪い、と言っているんじゃないんですよ。

 

そのチラシだけじゃなくて、そこにプラスしてお客さんに伝えることが大事。

”あなた”の要素を組み込んでいくことが、必要不可欠になってきます。

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。