お店に来られたお客さんは必ず、そこをチェックするPOPをつくる

 

手書きPOPを書く時に、こんなコト意識していると成果に繋がりやすい、

そんなポイントをふと考えてみました。

(・・・今朝、散歩しながらね)

 

っで、頭に思い浮かんだのが、

「POPの定番化」です。

 

コレが、うまくデキるようになると、お客さんはPOPを楽しみに来店してくれる。

お店へ来たら、必ずあなたが書いたPOPをチェックしてくれるようになります。

 

 

魚屋さんって、見ているだけで楽しいですよね。娘も大好きです

魚屋さんって、見ているだけで楽しいですよね。娘も大好きです

 

 

手書きPOPの定番コーナーをつくる

昨日、販促サポートに入ったある魚屋さんでも同じ話をしました。

魚屋さんで働かれている従業員さんに、POPやニュースレターを書けるようになってもらう、

そんなサポートをしているんですね。

 

っで、昨日お伝えしたことの1つに、この「手書きPOPの定番化」があったんです。

 

 

こちらの魚屋さん、先月からサポートに入りだしています。

従業員さん、こっちが感心するくらい意欲的にPOPを書かれているんですね。

っで、その書かれる中に、「今日のオススメ」っていうPOPがあるんです。

 

仕入れる魚の中で、”今日はコレがオススメですよ”というのをPOPに書いて貼られているんですね。

POPを貼る場所を決めて(ホワイトボードに書いた紙を貼られています)、毎日書かれて。

昨日はね、いろいろ話をしていく中で、その「今日のオススメ」のPOPコーナーをもう少し育てていこう、っていうことになったんです。

お店に来られたお客さんは、必ずそこをチェックするそんなPOPにしていこう、って。

 

 

というのもね、話をお聞きしていると、、、。

来店されるお客さん、

常連さんになると、ほぼ毎日お店に来てくださっているらしいんです。

・・・毎日仕入れの魚は変わるんで、売場に並ぶ魚も違います。

自然と売場は毎日変化してるんで、お客さんも飽きはきにくいと思うんです。

 

とはいってもですね、それだけじゃなくって、

 

「毎日来られる常連さんに楽しんでもらえるコトできないかな?」

 

そうなったら、毎日お店へ来られる常連さんにも喜ばれるんじゃないか。

そう思ったんです。

 

っで、考えたのが、今やられている「今日のオススメ」POPコーナーをもう少し際立たせようと。

来店されたお客さんは、必ずそこをチェックするようなPOPをつくろう、と。

 お店へ来たらまず、そこを見る。

そこを楽しみに確認する。

そんなPOPコーナーにしようっていう話になりました。

 

 

お客さんって、退屈していますからね。

来店頻度の高いお店になればなるほど、買い物(来店)がルーティン化しちゃう。

来店することに面白味がなくなる。

 

だから、お店側としたら、お店へ来てくれることへの楽しみをつくってあげる必要がある。

お客さん側としたら、そこのお店へ行く楽しみっていうのかな。

そこを意識的につくっていく。

そのための方法の1つが、手書きPOP。

 

そして、来店してもらったら、

「必ずここだけはチェックする」というPOPコーナーをつくる。

 

うまくデキれば、そのPOPがお客さんとやり取りをするキッカケになる。

コミュニケーションを膨らませてくれます。

そして、お店へ来られる”お客さん”とお店にいる”あなた”の楽しみの1つになってきますよ。

 

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。