アルバイトの女子高生から学んだこと~指摘するより、良いところに気づいて伸ばす

 

「イイところを、どんどん伸ばした方がイイよ」

 

10年くらい前、大阪の産直店で働いていた時に、あるオジサンから言われコトバです。

当時はいまいちピンと来ていなかったけれど、今は何となく実感することが多いです。

 

というのもね、当時のお店は小規模で(売場面積30坪)、正社員2人。

ほんと小さなお店だったんです。

 

お店の設備的にも、そんなに整っていなかった。

キレイ、ピカピカのお店じゃなかったです。

(もちろん、清掃などはキチンと僕達でしていたけどね)

 

でね、働いている僕たちにしたら、そういう部分が気になるわけですよ。

いわゆる、”足りない”部分っていうのかな。

 

「まわりのお店は、もっとキレイだし、売場の什器やスポットライトとかも揃ってる」

そんなのが欲しい、羨ましい、、、

みたいになっていた節があった。

すごく気にしていたんですね、僕のなかでね。

 

そしたらね、そんな僕の気持ちに気づいていたのか?

それとも、・・・たまたまなのか?

分からないです。

 

そのオジサン(船井総研で働いていたらしい)に、冒頭の言葉を言われたんです。

「イイところ(長所)を、どんどん伸ばした方がイイよ」って。

 

実はこのオジサンの話って、従業員教育にも当てはまることが多いと思ってて。

 

 

20代のころ、初めてチャレンジしたバンジージャンプ

20代のころ、初めてチャレンジしたバンジージャンプ

 

 

指摘するより、良いところに気づいて伸ばす

僕ね、お店へサポートに入ると、たまに言われるコトがあるんです。

 

「なんか直したらイイところがあったら、指摘してやってくださいね。

 褒めてもらえるのも有難いんですけど、指摘をどんどんお願いします。」

 

お店のスタッフさんを交えて、販促物の研修をするときなんかに言われるんです。

 

キホン、僕は褒めることしかしないので、社長や店主さんからすると、

「従業員にどんどん言ってやってください

 (悪いところあったら直してやってください)」

みたいな感じになるんでしょうね。

 

ただね、僕、それだけじゃないと思ってて。

 

悪いところを指摘するのにエネルギーを注ぐよりも、、、まずは、自分のイイところを伸ばす。

もしくは、まわりの従業員イイところに気づいて、自分に導入する。

そっちにエネルギーを注いだ方が効率的だし、何よりも取組むみんなが楽しい。

だから、成果も上がりやすい。

 

女子高生と一緒に働いていて学んだコト

僕がいた大阪の産直店、

そこでは、さっきも書いたように正社員2名でした。

あとは、パートさん、アルバイトさん。

主婦の方や、女子高生の子たちもいました。

 

でね、週末とかの忙しい日になってくるでしょう。

そうすると、女子高生の子たちが僕の1番の頼りになる戦力(人材)になるんです。

人も少ないし、頼らざるを得ないっていう状況もあるんだけど。

 

でね、そんな状況のなか、その女子高生の子たちの得意なところを見つける、

っていうコトがすごく大事なポイントだったんです。

 

この●●ちゃんは、売場づくりが得意だから品出しをしてもらおう。

■■ちゃんは、人当りが良くて接客が好きだから、レジをやってもらおう。

人によって、得意なところが違ってて。

その得意な分野で、ガンバってもらう必要があったんですね。

 

・・・初めのうちは、いろいろと指摘して修正してもらっていたんですよ。

その野菜の並べ方はどうだ、、、とかひとり一人にね。

でもね、ある時からやり方を変えた。

 

「得意なところ、好きなところでガンバってもらった方が早いや」って。

 

すると、その子たちも自分の得意なコト=好きなコトの場合が多くて、喜んで働いてくれていた。

そして、自然と生産性も上がっていた。

 

 

マイナスの部分を、0にして、、、プラスにもっていくのって、しんどいです。

エネルギーも使います。

だったら、初めからプラス、もしくは0あたりの部分を伸ばしていく。

そっちの方がスムーズだと思うし、本人も楽しいはずだから。

成果は自然とついてきた。

(だって、本人の気持ちが入っているから早いよね)

 

 

・・・というわけで、なんだか今日もあっち行ったり、こっち行ったり、、、のまとまりのない話になっちゃたけど。

とにかく思うのは、指摘するより、良いところに気づいてそこで伸ばしてあげる。

従業員教育だって、販促物をつくるときだって、すべて同じなんですよね。

 

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。