現場スタッフにPOPに取り組んでもらうには?

ご質問を頂きました。

ドラッグストアで教育担当をしていて、
今回、自分自身もPOPについて詳しく
勉強した上で、従業員にも教えたいと思い
拝読させていただいております。

はじめは教科書どおり文字の書き方の
基本的なことを教えようと思っていましたが人と比べて自分は下手だからと
苦手意識を持つことにも繋がりそうで、

スタートをなにから取り組むか
つまってしまいました。

自分自身は書くことが嫌いではないので、
まずはポスカで書き慣れることから
始めたのですが、

先生は人前で話をされる際は
メールのような内容をいきなり話されるのでしょうか?

『手書きPOP7つの極意』ご購読の方からです

そこで私がメールで回答させて
頂いたのがこちらです。

A:質問への回答

============================

どのような状況でお話しされるか?
にもよりますので
求められているご回答に添えないかもしれません。

そこはご了承くださいね。

例えば、私がいつもセミナーなどで
意識しているのは、

『POPに興味を持ってもらう』

という部分に注力しています。

なので、なるべく初めての人でも
興味を持てるように、
POPに関するクイズを出したりします。

POPを何枚か見せて、売上がUPしたのは
どのPOPか?

など当ててもらったりしていますよ。

従業員さんが興味を持てる
現場の話に喩えたり、

何か従業員んさんが参加できる
話から入るのが良いようにも思いますね。

============================
↑ここまで↑

管理職と従業員さんのギャップ

社長さんや管理職の方のお話を
聴いていてよく実感することの1つに、

『方向性のギャップ』

があります。

社長さんが目指される方向性と
従業員さんが目指される方向性に
ズレがあるという事です。

例えば、

「社内でPOPを取り組もう!」

となった時に、社長さんが
POPを活用される目的は何か?

一番は、恐らく業績UPだと思うんです。

POPを使ってお店や会社の売上を
少しでも上げていこう。

その為にPOPを皆にやって欲しい
という流れです。

じゃあ逆に、従業員さんはどうか?

従業員さんの場合に多いのが
商品を売るためにPOPを書くという目的で
スタートされる。

しかし次第に、

『POPを上手に書く』

という目的にすり替わっている事が
結構多いようです。

(勿論、全員ではありませんよ)

これは、社長さんや管理職の方と話していて感じるのと、私自身が実際に
POP実践者とやり取りをしていて実感する事です。

POPの目的をずらさない

先ほどのメール回答の補足にもなりますが、
従業員さんにPOPを学んでもらう場合、

「なぜ、POPに取り組むのか?」

「POPを通じて何を達成するのか?」

目的を明確にして
従業員さんと会社がそのゴールを
統一させる必要があると思っています。

そうしないと先ほど言ったように、
いつの間にかPOPを実践する目的がずれる。

書くPOPの内容もずれます。

結果、達成したいゴールに
たどり着く事ができません。

今回のご質問者の方は、
管理職の方のようですので、恐らく
業績アップがPOP実践の目的だと思います。

冒頭のメール回答の内容の他にプラスして

『目的を一致させる』

ここが必須に思います。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。